5℃ごとに違う日本酒の名前と味わい、知ってますか?

ライター:簗塲友何里簗塲友何里

温度によって味わいさまざま

では5度刻みで味わったら、どんな味わいの流れが出てくるのでしょうか?
温度による味わいの変化は、日本酒の種類によっても異なります。今回は、火入れの穏やかな純米酒で比較してみます。

花冷え、10℃ぐらいはキリっとしつつも、口内でしだいに香りが開いて、おいしい冷酒として楽しめます。雪冷えよりは酸味が目立ち始め、味に複雑性が出てきます。

冷や、日向燗、人肌燗など、人の体温に近い温度は、口の中に含んだ際にも温度変化があまりなく、味の変化も穏やか。あまり印象は強くないですが、素直な「素の味わい」が楽しめます。

上燗45℃、来ました! 今回の純米酒では、私的に、最も好きな温度帯でした。穏やかでリラックスできる飲みくち。優しい香りもしつつ、旨味もしっかり感じつつ、余韻も長くて消えないうちにまた一口飲みたくなる、飽きずにゆるゆる飲み続ける系です。おいしいです。

熱燗50℃。香りは上燗よりもさらに穏やかで、丸みのある優しい味わいです。とってもバランス良し。

55℃の飛び切り燗を超えて、60度になると、香りもだいぶ飛んできます。ここまで来るとちょっとやりすぎ感あり。

ぬる燗以上の、いわゆる「お燗」した状態は、日本酒の種類で何度まで上げるか、どのようにお燗を付けるかが大きく味を左右します。基本的に香りの成分は温度を上げると飛んで弱くなっていきますが、日本酒によっては50度以上で再び香ばしさが戻り、意外な味わいに変化したりもします。
同じ日本酒でも、飲む温度によって、香りの強さも変わり、苦味や旨味、甘味や酸味などを感じる順番も変わってきたり、同じお酒とは思えない複雑な味わいの違い楽しめます。これが日本酒の奥深さです。ぜひ、いろいろな日本酒を色々な温度で召し上がって、好きなお酒の好きな温度を見つけてくださいね。
温度によって味わいさまざま
  • 1
  • 2現在のページ
  • 3