アルコールそのものは、どのような味なのか〈老けない人は何を飲んでいる?⑥〉

お酒の味わいを言葉にするとよく出てくる「のどごし」や「キレ」。純粋なアルコールそのものの味。それらの正体を科学的につきとめようとしている人たちがいます。

目次

アルコール(エタノール)の味は、甘くて苦い

ところで、アルコール、正確には「エタノール」は、どんな味なのでしょうか。

硲 哲崇氏(朝日大学歯学部 口腔機能修復学講座口腔生理学分野教授)が、ラットの舌にエタノールをかけて味覚神経応答を調べたところ、甘味の神経と苦味の神経が興奮していることがわかりました。ヒトの官能評価法で調べた結果でも、甘味と苦味の両方を含んだ複雑な味であることが判明しました。

ときどき、神経を研ぎ澄まして、カラダの神経応答を意識しながら飲んでみてはいかがでしょうか。


※記事の情報は2018年1月10日時点のものです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!