ついに新酒の季節到来。フレッシュな日本酒を楽しもう。

ライター:簗場友何里簗場友何里

お料理と合わせて楽しむ

私の経営しているSAKE Scene 〼福では、麹などの発酵調味料を使った発酵フレンチと日本酒のペアリングを日々研究しています。新酒は種類にもよりますが、基本は淡白で重くないお料理によく合います。

◯ハーブのような味わいの爽やかな新酒には……
例えば、今が旬、脂ののった鰆(さわら)の酢締めは如何でしょう? 私の店ではパセリのエマルジョンソースで仕上げた鰆の酢締めに、ハーブのような味わいの爽やかな新酒を合わせご好評を頂いています。

◯ボリューム感を感じる新酒には……
フランス、アルザス地方の鍋料理ベッコフも新酒と良く合います。豚肉や牛肉、じゃがいも、玉ねぎなどをたっぷりのハーブで煮込んだ料理です。現地では白ワインを合わせるのが主流ですが、フレッシュでボリューム感がある日本酒の新酒もぴったり。

こちらも旬、にごり酒

冬が旬のお酒といえばにごり酒もありますね。うっすらと濁った「おりがらみ」や、白いにごり、シュワシュワっと発泡感を感じる「活性にごり酒」などはこの時期が旬です。通常の清酒とは違って濾過を粗くして瓶詰めしているので、濃厚な米の味わいを感じつつ、しかもフレッシュな飲み口が魅力です。

にごり酒も、デリケートなお酒なので、冷蔵庫で保管しましょう。冷やして飲んで美味しいのはもちろんですが、意外に、お燗にしてもさらにまろやかになって美味しいです。特に酸味を感じるにごり酒は、お燗したときにその酸味が味の軸になってとってもバランスが良い味わいになります。

また甘酒のような、甘いにごり酒は、しょうが汁を少し入れても美味しくいただけます。寒い冬にはぴったりですね。

「活性にごり酒」は、瓶の中でなお発酵を続けている「生きた」お酒です。開栓した時に中身が溢れ出してしまう恐れがありますので、開栓前に冷蔵庫で静かに冷やし、落ち着かせてから蓋をあけましょう。活性度が高い日本酒は、特に開栓注意です!

新鮮なうちに飲み比べ

この時期限定のフレッシュな、できたてほやほやの日本酒。温かい部屋の中で昼飲みにもぴったりですね。各蔵の新酒が出揃ってくるこの時期を逃さず、ぜひ飲み比べてみてくださいね。各蔵の今年の味わいの基準が見えてくるかもしれません。

※記事の情報は2018年1月31日時点のものです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!