大吟醸もお燗でうまい!-全国燗酒コンテスト2017

脂が溶けてうま味が増し増し

―― 燗にするとお酒の味はどう変わるのですか?

Mr.燗酒 柔らかく膨らんで、旨味が増したように感じます。
温かいものは、ほっこりした気分にさせます。オフに切り替えるのにもちょうどいいですね。

―― はい。それはわかります。

Mr.燗酒 うま味が増すので食事との相性が一層よくなります。
ワインと違って強い酸味や苦味・渋味がありませんから、ほとんどの料理に寄り添ってくれます。

―― たしかに。

Mr.燗酒 日本で味付けによく使う醤油・味噌・酢は、どれも発酵調味料でうま味がベースです。うま味が持ち味の燗酒とは仲のいいお友達。
薄味のものは出汁で味を支えます。これもうま味なので燗酒にピッタリ。うま味とうま味の相乗効果でとてもおいしい。

―― そうするとやっぱり和食ですね。

Mr.燗酒 もちろん和食にピッタリですけれど、最近はフレンチに代表される西洋の料理もソースに頼らず素材の味を生かすように変わってきています。和食のスタイルを取り入れたものが増えてきていて、こうした料理に合うからとワインリストに日本酒を加える著名なシェフやソムリエが何人もいます。  

―― へえー。そうなんだ。  

Mr.燗酒 以前、このコンテストの入賞酒のお披露目会で、和洋さまざまなメニューを用意して、燗酒に合ったと思うメニューを選ぶ人気投票をやりました。
酒肴
―― おもしろそうですね。  
Mr.燗酒 はい。とてもおもしろかったです。
結果は第1位がなんとお肉でした。黒毛和牛の旨煮です。
2位はナチュラルチーズ、
3位はイクラの醤油漬け。
魚介類を燗酒が合うのは当たり前、肉とチーズがその上をいったので皆さん大うけでした。  

―― 黒毛和牛ぅぅぅう。食べたい。(笑)  

Mr.燗酒 でしょう。 今年の会でもご用意しますからぜひお越しください。
10月18日(水)の19時から東京銀座です
たくさんの燗酒を飲み比べられる、世界でたった一つの催しです。
全国燗酒コンテスト入賞酒お披露目会の詳細はこちら
燗酒を飲み比べられる、世界でたった一つの催し
―― チーズも合うんですね。  
Mr.燗酒 ミルクを発酵させてつくるチーズはうま味の塊です。適度に脂があって燗酒で引き立ちます。  

―― 脂があるのと燗酒は関係しますか?  
Mr.燗酒 脂はうま味をたっぷり含んでいます。
トロや霜降り肉のおいしさは脂です。ただ脂は溶けないとおいしくありません。  

―― はい。太るからなるべく脂は避けていますが、肉汁たっぷりのお肉はたまりません。  
Mr.燗酒 ははは、こうして話しているだけで涎が出てきますね。脂は溶ける温度がいろいろで、牛脂は人間の体温では溶けません。だから加熱して脂を溶かして仕上げます。マグロの脂は口に入れただけで溶けるので刺身でもおいしい。豚も脂が溶ける温度が低いので、薄くカットしたの生ハムは脂のうま味と塩味がジュワジュワと溢れる。そこで燗酒を飲むとうま味とうま味が合わさって・・・・・・。  
お披露目会ではこれもご用意します
から、お楽しみに。
生ハム

燗酒体験は「入賞酒お披露目会」で

―― お披露目会は何種類くらいお酒が出るのですか?  
Mr.燗酒 80種類あまりです。 どれも入賞したお酒なので品質はたしかです。あとは好みですね。  

―― 燗酒を飲み比べる機会はあまりないので、ちょっと行ってみようかな。  
Mr.燗酒 そうなんです冷酒は冷蔵庫で冷やいしておけばいいので、何種類もお出しすることができますが、その都度、温める燗酒は一度にたくさん用意できません。お披露目会でもそれが悩みの種で、結局、セカンドベストとして720mlを瓶ごと湯煎して出します。毎年、3人がかりで2時間かけて200本近い4合瓶を燗しています。  

―― 燗をしても置いておくと冷めてしまいますよね。  
Mr.燗酒 飛行機で機内食を配膳する保温ワゴンがありますよね。燗がついたものからあれに入れて待機しています。  

―― うわぁ、すごいですね。いろいろ大変なんだ、お燗は。  
Mr.燗酒 お燗を好きになっていただくためなら何でもやります。大勢でお出かけください。


※記事の情報は2017年10月5日時点のものです。
  • 1
  • 2現在のページ