【ゆる燗コンビの燗酒サミット】極寒名古屋のとある会議室で秘密の会合が。

列島が記録的寒波に見舞われた2月の半ば。名古屋の街にも冷たい風が吹きまくり寒いのなんの。そんななか、酒問屋イズミックの会議室に二人のバイヤーの姿が。机の上には業務用の燗床と日本酒が数本。これから開催されるのは、二人だけの燗酒サミット。燗にオススメの酒と燗酒の魅力を語り合いました。

目次

本日の燗酒No.1は?

青田:僕は吉乃川。燗酒はこうあるべき、っていう感じで、エンドレスで飲みたくなる。

藤井:酒中心で考えるなら末広。料理との相性が一番いいのは吉乃川。ちょっと違う感じが欲しい人には醉心がオススメですね。

人はなぜ日本酒を燗するのか?

青田:夏でも大皿料理の居酒屋なんかだとついつい燗酒頼みたくなりますね。作り置きの冷えたつまみには温かいのが欲しくなる。

藤井:燗酒が良いのは、体にやさしいっていうところかな。結構、お酒で失敗する人に多いのは、気がついたら飲みすぎて酔っぱらっていた、というやつ。冷やで飲んでいると、飲んでから酔うまでにタイムラグがあるので、そうなっちゃう。

青田:おやじの小言ですね(笑)、あとで効いてくるっていうやつですね。

藤井:燗酒だと、アルコールが吸収されるのが早くて、酔いもすぐ感じて飲む量を調整しやすい。

青田:確かに。

藤井:酒そのまんまを温めて飲むのは日本酒だけなんだけど、昔むかしの人たちは、おもてなしの心で燗をつけていたはず。ねぎらいの気持ちであったかいものを飲んでもらった。そういうやさしい心遣いが、燗酒にはあるよね。

青田:私は燗すると量が飲めちゃう。下手すると5時間でも6時間でも(笑)。それに、燗したお酒はどんな料理にも合うと思うんですよ。

藤井:確かにね。燗つけると甘みとか旨味がつよくなるので、料理との相乗効果が生まれやすくなる。

青田:白飯のかわりに熱燗がある、みたいな(笑)。

藤井:(笑)

青田:私のオススメは、チロリで燗つけて、飲んで減ったら、その分冷酒を足してまた温める…自転車操業方式が好き。

藤井:私は、片口(かたくち)に入れてレンジでチン、というのもよくやる。ただ、片口は冷めやすい。だんだん冷えていく味の変化を楽しみたいなら、おすすめですね。

最後はカップ酒

最後は、究極のお気楽燗酒。カップ酒をそのままちゃぽんと燗つけちゃいました。

青田:
なんだかんだ言って、カップ酒、最強ですよ。お湯にそのままどぼんと。こういう、商品名とかがカップにプリントしてある瓶は、お湯にいれてもラベルがはがれてこないので良いですよね。かわいいの多いし。

藤井:地方に行くとカップ酒買いたくなる。いろいろ飲みたいから。だからどんどん集まってきちゃう。

藤井:そろそろいいかな。

青田:どれどれ。

藤井青田:かんぱーい!

青田:屋台のおでん屋気分っすね。

藤井:うん。そうそう。


午後の4時から始まった二人だけの燗酒サミットももうそろそろお開きです。ほろ酔い気分、窓の外もいい感じにたそがれてきましたよ。では、みなさん、まだまだ寒いこの季節、素敵な燗酒ライフを!

かんぱーい!

※記事の情報は2018年2月23日時点のものです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!