春色ロゼを楽しもう。ロゼワインでパーティーしてみた。

ライター:青田俊一青田俊一

マリアージュその1:色で合わせる

ワインと食材のマリアージュは、一般的に赤ワインに赤身肉やデミグラスソース、白ワインに白身魚やクリームソースというようにそのワインと色味が似た食材、ソースとの組み合わせの相性が良いとされています。で、ロゼワインはというと、海老やサーモン、生ハムのような色のものがよく合うと思います。

今回は入手しやすいロゼワインとして、アルパカのロゼワインで試してみます。
入手しやすいロゼワインとして、アルパカのロゼワインで試してみます
今回は生ハムで思っていたのですが、つい用意をし忘れたので、我が家の冷蔵庫にあったロースハムを焼いてみました。アルパカのロゼはカベルネ・ソーヴィニヨンで造られたロゼワイン。飲んだ印象としてはカベルネ・ソーヴィニヨンの個性があり、しっかりとした味わいがロースハムの旨みによく合います。他には前述の海老やサーモンなどの食材はもちろん、中華のような味の濃い料理に合わせても美味しそうです。
我が家の冷蔵庫にあったロースハムを焼いてみました

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!