和食料理人が指南! コンビニ食材を詰めただけの豪華花見弁当《イエノミ歳時記②》

ついにお花見シーズン到来! 家飲み派の我らも外に飛び出して美しい景色とおいしいお酒を楽しもうではありませんか。その際に欠かせないのが花見弁当。酒飲みとしてのセンスの見せ所ですが、一から作るのってけっこう、いや、かなーりタイヘン。

(ピコーン!)

それなら、コンビニで食材を調達すればいいじゃない! でも、パックのまま持って行くのはいかにも寂しい……。ということで、今回はコンビニ食材を美しく盛り付ける方法を和食の料理人さんに習ってきました! 家飲みで見慣れた&食べ慣れたいつもの食材が、プロのアドバイスに従ってちょっと切ったり盛り付けに気を配ったりするだけで大変身しちゃいます。

今年の花見で注目を集めること間違いなしのコンビニ花見弁当はこちら!

ライター:泡☆盛子泡☆盛子

目次

アレンジ編

アレンジ編

豪華!
めっちゃ豪華!!
これが全部コンビニで買った物とは思えないですよね……。

基本編はちょっと切ったりするくらいでしたが、アレンジ編は混ぜたり巻いたりともうちょい手間をかける感じです。

 

アレンジその1

アレンジその1
アレンジその1

●基本編に追加した食材、調味料

  • クリームチーズ
  • ドライそら豆(お菓子コーナーにあったもの)
  • 塩昆布
  • ポン酢
  • 生ハム
  • 焼きさば
  • 枝豆

村上:重箱などに小さな器を置くときは下になにかを敷くのが望ましいです。今回は和柄のおりがみがあってのでそれを使ってみました。桜柄があれば、より季節感が出て素敵です。

これは日本酒にもワインにも合いそうなナイス酒肴盛り! 野菜を「市松」に仕立てるだけでグッと華やかになりますね。「焼きさばのしっぽ」は、アレンジその2の焼きさば寿司の切れ端を立派な一品に仕立てたもの。しかも、野菜スティックについていたドレッシングを使うとは斬新です。


 

アレンジその2

アレンジその2
アレンジその2

●基本編に追加した食材、調味料

  • 香り寿司(カニカマの寿司)
  • 焼きさば
  • ドライそら豆
  • 明太子
  • スライスチーズ
  • 枝豆

村上:カニカマを使ったおにぎり形の寿司を見つけたので、ちらし寿司風にアレンジしてみました。2つ買って具を片方にまとめ、残った酢飯を焼きさばと合わせることで2種類の寿司がカンタンにできてしまいます。これは我ながらいいアイデアでした(笑)。

ぺらぺらのまな板をカットして仕切りに使うことで、味が混ざらず見た目も整然としてお弁当の格が上がりました。バランやホイルケースよりも硬さがあるので盛り付けの形が崩れないのも素晴らしい。左下の段、スモークタンとスライスチーズを重ねた「博多」は、二色の縞模様の着物の帯をそう呼ぶことにちなんでいるそうです。

プロのワザに改めて感服です。
お花見シーズンが終わっても、普段の家飲みに取り入れたいアイデアが満載でしたね。

どこかのお花見会場でこのスタイルのお弁当を楽しんでいる方と出会えることを強く願っております。
みなさま、よい花見を!

取材協力:馳走いなせや(http://chisouinaseya.com/


※記事の情報は2018年3月20日時点のものです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!