花見のつまみは全部「もなか」に詰めちゃえ! アテもなかのご提案《イエノミ歳時記③》

桜の蕾がぷくぷくっとふくらんで、いよいよ春がやってきましたね。この週末あたりから花見の予定が入っているという方も多いのではないでしょうか。さて、前回のコンビニ花見弁当に続きお花見ネタです。家で詰めていく弁当とは真逆の、花見の場で仕上げるタイプのアテをご提案。

ライター:泡☆盛子泡☆盛子

目次

こんなものも詰めちゃいました

▲つくね

▲つくね
市販のやきとり串をばらして使用。彩りと香りづけに木の芽を添えました。なければ粉山椒や七味唐辛子でも。


 

▲たこさんウインナー

▲たこさんウインナー
ミニミニサイズの赤ウインナーを見つけたのでどうしても使ってみたくて。うずら卵の目玉焼きと一緒に詰めて、マヨネーズをちらりと足しました(ウインナーが落ちないためにと、味のアクセント)。


 

▲スクランブルエッグとスモークタン

▲スクランブルエッグとスモークタン
卵にマヨネーズを加えて作ったマイルドなスクランブルエッグに、塩気のあるスモークタンを合わせました。タン以外を合わせる場合、ベーコンは冷めると脂が固まってしまうので脂気のないハムがおすすめ。


 

▲菜の花とマカロニサラダ

▲菜の花とマカロニサラダ
市販のマカロニサラダと菜の花のおひたしで春色に。ほろ苦い菜の花と、やわらかな味のサラダはいい組み合わせです。おひたしはしっかりと水気を絞ってからのせてください。


以上10種類のフィリングを試してみました。その中でこんなことに気づいたので、フィリング選びのご参考までに。

  • 焼いた肉など、食感が硬いものは合いにくい
  • サンドイッチの具になるものはたいてい合う
  • 香りや食感に特徴があるものを使うとアテ度がアップ

アテもなかセットを持参する際は、フィリングをお揃いのカップやタッパーに入れカゴなどに並べて提供するといいでしょう。
もなかの皮はしけやすいので密封できる容器や袋に入れて持って行き、食べる分だけ紙皿などに出すようにしてください。

こうやって持っていこう

それではみなさま、良い酔い花見を!


※記事の情報は2018年3月23日時点のものです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!