みりんの蔵を訪ねて知った「みりんは飲みもの。飲まなきゃソン!」

ライター:まるまる

三州三河みりんのラインナップを試飲してみた。

三州三河みりんのラインナップを試飲してみた。
東京に戻り、角谷文治郎商店さんで購入した商品を早速テイスティングしてみました。
 
ベーシックな三州三河みりん
まずはベーシックな三州三河みりん。しっかりとした優しい甘味。雑味のないクリアな味わい。これ本当に、飲み物として美味しいです。
 
有機三州味醂
有機三州味醂。こちらも素晴らしい味。少しスッキリしていて、さらに飲み物として飲みやすいように感じます。
 
みりんに青梅を漬けた梅酒
みりんに青梅を漬けた梅酒。これはなんとも繊細でさわやかな味。素晴らしい梅酒でした。「みりんに青梅を入れただけのものです。他に何か入れたり加工したりはしていません。みりんの美味しさをなんとか伝えようとして商品化したものです。今までの梅酒だと、口に含んだ途端に梅酒だぞという自己主張があるけど、これには、それがない。それでいて口のなかにしっかりと梅の風味が膨らんでくる。今までの梅酒とは違った味わいです」(角谷社長)
 
梅酒の辛口
梅酒の辛口。少し甘さ控えめのドライ。酒呑みにはこっちはさらに嬉しい味わいです。
 
家にあった(ポートワインに近いと思われる)甘口のシェリーを試しに飲んでみました
これは角谷文治郎商店さんの商品ではありません。最初にみりんを飲んだとき「ポートワインのようだ」と思ったので、家にあった(ポートワインに近いと思われる)甘口のシェリーを試しに飲んでみました。味覚が一般大衆な私は、目隠された状態で甘口のシェリーだと言ってみりんを出されたら、まったく気づきません。断言します。
 
我が家の飾り気のない親子丼ですみません
我が家の飾り気のない親子丼ですみません。みりんが三州三河みりんでない親子丼はもう考えられません。

もち米、米麹、米焼酎。ほぼ米だけを原料に作られるみりんの、驚くべき甘みとうまさ。これを知らずにいるのは、すごくもったいないと思わずにいられません。飲まないのは人生損してます。皆さんも伝統製法のみりんを、料理をワンランク美味しくする調味料としてはもちろん、まずは一口、飲んでみてください。その味わいに、絶対に驚くはずです。


※記事の情報は2018年4月12日時点のものです。
  • 1
  • 2
  • 3現在のページ

この記事で紹介された商品