レアもの!? 碧南発のブレンデッドウイスキーを飲んでみた。

ライター:青田俊一青田俊一

飲んでみた。

封を開けてまずはストレートから。
封を開けてまずはストレートから。注ぐとほんのりバニラのような甘い香りが漂います。口に含んでみると最初に少しスパイシーさを感じます。次になめらかな口当たりに変わり、アフターにふんわり甘みが残ります。いい意味で癖がなくて上品な印象です。
お次はロックで。
お次はロックで。少し冷えることで、最初にあった刺激的なスパイス感が和らぎ、なめらかな口当たりが印象的な味わいに。ストレートよりさらに上品な印象が強まります。
ハイボールも試してみましょう
最後はせっかくなのでハイボールも試してみましょう。
ハイボールにはこちらの天然水の強炭酸水がおすすめです。すみません、おもいっきり宣伝です。

で、肝心の味わいですがロックよりも少し甘みを強く感じます。決してガブガブ飲めるお値段とは言いがたいので、ハイボールにするのはちょっと気が引けるとこではありますが、個人的にはこの飲み方が好みでした。飲みやすい口当たりなので食中酒としてありです。つい飲み過ぎてしまいそうです。
せっかくなのでハイボールも試してみましょう
ちなみにメーカーさん曰く、原酒の都合もあるのでいつまで在庫があるか分からないとのこと。 全体的な印象としてやわらかく上品なブレンドに仕上がっているので、普段ウイスキーを飲まない方から割と飲み尽くした方まで楽しんでいただける1本だと思います。お早めに入手することをおすすめします。

とまあ冒頭でも触れたように希少価値が高くなってしまったジャパニーズウイスキー市場ですが、ジャパニーズウイスキーにこだわらずとも奥の深いウイスキーの世界、まだまだ美味しいウイスキーはたくさんあると思います。ここはせっかくの機会なので様々なウイスキーに触れ、自分好みの味わいを見つけて、家飲みをもっと楽しんでいただければと思います。かくいう私はもっぱらバーボン派だったりするのですが。

碧州 ~Hekishu~【商品概要】

  • 産地:愛知県
  • 原材料:モルト、グレーン
  • アルコール分:43%
  • 容器 / 容量:瓶 / 720ml
  • 参考小売価格:3,000円(税別)
  • 製造:相生ユニビオ
※記事の情報は2018年5月31日時点のものです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

この記事で紹介された商品