【マウントレーニア】25周年記念|マイスターズラテ抽選で50,000名様にプレゼント|ご参加ありがとうございました。終了しました

6月16日は世界でいちばん日本酒が集まる日!「日本酒フェア」の歩き方

時間を無駄にしたくないなら「試飲テーマを決める」

各都道府県が数十の試飲酒を用意しています。すべて試すことは時間的にも体力的にもできません。
有効に時間を使うポイントは、試飲する酒のテーマを決めることです。ブースが県単位なので、○県と△県の酒のように特定の地域をテーマにするとスムーズに動けます。今回はプログラムに各ブースの出店テーマが明記されています。地元の食材と酒のペアリングを体験させようとしているところや、オール○県産の酒をアピールしているところもあるようです。事前にどのブースをチェックするか目星をつけておきましょう。出店者の一覧はここで見られます。

酒蔵以外の有志グループのブースや特別企画の展示、また、例年、ミス日本酒や日本酒スタイリストの方々との一斉乾杯デモンストレーションもあります。

▼各県が思い思いのブースを出展
各県が思い思いのブースを出展01
各県が思い思いのブースを出展02
▼「一斉乾杯」に参加して盛り上げよう
「一斉乾杯」に参加して盛り上げよう01
「一斉乾杯」に参加して盛り上げよう02
▼「酒蔵スケッチ」も楽しい
酒蔵スケッチ
▼日本酒グッズを販売するのは「日本酒造協同組合連合会」ブース。このイベントだけで販売するゴールドやプラチナの「にっこりきき猪口」は今年も登場するか?
日本酒グッズを販売するのは「日本酒造協同組合連合会」ブース

器で味が変わる体験「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」ブース

日本酒は器によって味が変わります。薄いガラス製のワイングラスとすり鉢状の盃で飲み比べると、不思議なことに同じ酒が違う味に感じます。こんな不思議な体験と味わいが異なるメカニズムを知りたい方にお勧めなのは、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」ブースで開催されるミニセミナーです。参加費1500円が別途必要ですが、リーデル大吟醸グラス(メーカー希望小売価格2500円)で飲み比べて、使ったグラスを持ち帰ることができます。時間は毎時30分から30分間、定員9名のコンパクトなショートセミナーです。
内容は①ワイングラスと和酒器の味の感じ方の違いの説明 ②ワイングラスでおいしい日本酒アワード4部門の最高金賞酒の試飲 ③ワイングラスで日本酒を飲む意味と展望 です。スムーズに受講できる事前登録をおススメします。
定員9名のコンパクトなショートセミナー
案内チラシ

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

サラダスムージーでマルチな「腸活」みんなの腸活レポート大公開!詳しくはこちら