梅を使った肴で梅雨時も爽やかに家飲みを!《イエノミ歳時記⑥》

ライター:泡☆盛子泡☆盛子

梅なめろう

梅なめろう

〈材料〉

  • アジの刺身
  • たたき梅
  • 味噌
  • 青ネギ

  • すべての材料をまな板にのせて包丁でタンタタターンとたたく。
  • 全体がなんとなくまとまったら出来上がり。
ポイントは味噌よりもたたき梅の量を多めにすることです。
ほどよく脂ののった旬のアジと梅がこんなに合うとは! 全体のバランスをとるには縁の下の力持ち的な味噌やネギも欠かせません。ミョウガやショウガを入れても悪くないとは思いますが、梅の風味を際立たせるならなるべくシンプルにいきたいところです。

梅おろし豚しゃぶ

梅おろし豚しゃぶ

〈材料〉

  • 豚肉スライス(肩ロース、バラなどお好みで。塩と酒を軽くもみ込んでおく)
  • 大根おろし
  • たたき梅
  • ミョウガ
  • 大葉

  • 鍋にお湯をわかし、沸騰したら一度火を止めてから豚肉を1枚ずつ広げて加える。蓋をして余熱でしっかりと火を通す(心もとない場合はもう一度着火し軽く沸かす)。豚肉は冷水にとらず、ゆで汁の中に入れたまま冷ますと柔らかさをキープできる。
  • 大根おろしに、たたき梅、刻んだミョウガと大葉を混ぜる。
  • 1をお皿に盛り、2をのせる。
冷しゃぶにすると豚肉の脂が固まってしまうのが個人的に苦手なので、ほんのり温かい状態で食べることが多いです。今回はたたき梅などを混ぜた大根おろしの方をしっかりと冷やしてのっけました。この薬味おろしは牛肉や鶏肉、焼き魚、厚揚げなどにも合います。
メインの肴になる2品

梅ウーロンハイ

梅ウーロンハイ

〈材料〉

  • 梅干し
  • キンミヤ焼酎
  • ウーロン茶

  • 焼酎をウーロン茶で割り、梅干しを入れる。
いつものウーロンハイも梅干しを加えるだけであらスッキリ。二日酔いの時、濃くいれたほうじ茶に梅干しを入れて飲むと効果てきめんなのでそれをアレンジしてみました。梅干しを好みのタイミングでつぶして楽しんでください。
食卓ではご飯のお供として登場することが多い梅干しも、ちょっとたたくだけで調味料として八面六臂の活躍を見せてくれます。しかもお酒にも合うんだから使わない手はありません。冷蔵庫の奥に眠っている瓶を取り出して、さっそく今夜いかがでしょうか。

※記事の情報は2018年6月15日時点のものです。
  • 1
  • 2現在のページ