香港で絶品ワインとトルシエ元監督に遭遇 -ヴィネクスポ香港2018レポート

世界が注目、中国のワイン そしてジョージアワイン

中国は内陸部の経済開発を大きな課題としています。そんななか10年以上前から取り組んできたのがワインづくりです。欧州から腕利きの指導者を招聘して、ブドウの栽培から醸造まですべての段階でレベルアップを図ってきました。ちょうど10年前に来た時には、専門家が指導してこのレベルか、まだまだだと思ったのでしたが、今回はあまりの品質向上ぶりに目からうろこが落ちるようでした。世界レベルのワインまでもう少しというところまで来ています。
世界が注目、中国のワイン
世界が注目、中国のワイン02
そのほか西アジアのジョージアや東欧のモルドバなど、ワインづくりに古い歴史があるものの、世界的なワイン市場にはほとんど出ていなかった地域からも、多数のワイナリーが参加し、独特のワインをアピールしていました。特にワイン発祥の地とされるジョージアの伝統的なワインづくりはユネスコの世界遺産に登録されています。土に埋めた大きな素焼きの甕(アンフォラ)で仕込む、クヴェヴリといわれる製法でつくられるワインは、素朴な力強い味わいです。

トルシエ元監督はワインづくりに夢中

そして驚いたのは、会場にサッカー日本代表で監督をつとめたトルシエさんがいらしたことです。トルシエさんは今、ボルドーでワインをつくっており、『SOL BENI』というブランドで発売しています。ラベルには「3-4-3」と彼の理想のフォーメーションシステムが記されていました。日本代表のW杯の活躍について、「難しいと思うけれど、頑張ってほしい」とコメントしてくれました。
サッカー日本代表で監督をつとめたトルシエさん
※記事の情報は2018年6月22日時点のものです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!