アウトドアに持って行きたい!小容量リキャップワインを飲み比べ《若手社員の試飲会④》

名古屋の酒類卸・イズミックの若手社員が発売前の新商品を真面目にレビュー。今回はいつものワインとはちょっと趣向が変わった、RTDを意識して作られたワインを試飲。新たなジャンルのワインの味わいとは?

ライター:IZMIC MARKET EYEIZMIC MARKET EYE
メインビジュアル:アウトドアに持って行きたい!小容量リキャップワインを飲み比べ《若手社員の試飲会④》
いま巷はアウトドアブーム。SNSにもアウトドアを楽しむ人の姿が多く投稿されています。そこに目をつけたかどうかは分かりませんが、いま酒類業界では新たな容器としてリキャップ容器に注目が集まっています。その波は国産大手ワインメーカーにも波及し、この秋、サントリー、メルシャンの2社から“気軽に・手軽に”飲めるをコンセプトにした新たなワインが発売となります。両社とも発売するのは、オーソドックスなワインの美味しさを残しながら、ワインビギナーでも親しみやすいRTDのような新しいジャンルのワイン。今回はその中から4アイテムを5名の若手社員がレポートします。

今回比較するのはこの4商品。
1.カルロ ロッシ ICE スパークリング ホワイト
2.カルロ ロッシ ICE スパークリング ロゼ
3.はじけるギュギュッと搾ったサングリア スパークリング 白ワイン×ラフランス&白ぶどう
4.はじけるギュギュッと搾ったサングリア スパークリング 赤ワイン×マンゴー&アップル

<若手社員紹介>

家田(25):好きなお酒【ワイン】
ワインが好きでセミナーに参加し、日々勉強しています。


可児(25):好きなお酒【日本酒】
家でまったり日本酒を飲むことが大好きです。年末はお気に入りの地酒を飲むのが恒例行事。


津屋(25):好きなお酒【ワイン】
苦手だったワインが飲めば飲むほど大好きに。いろいろ飲み比べています。


松田(22):好きなお酒【ウイスキー】
ピートの効いた煙たいウイスキーが好きです!


山本(23):好きなお酒【ビール】
毎日かかさずビールを飲んでいます!

①カルロ ロッシ ICE スパークリング ホワイト

カルロ ロッシ ICE スパークリング ホワイト
DATA

発売日:2019年10月1日
アルコール度数:8%
内容量:280ml
商品特徴:最初にレモンとライムがフワッと香り、白桃やりんごのようなみずみずしい果実感の香りも感じる。フレッシュな果実味とイキイキとした酸味、心地よい炭酸感が一体となった、軽やかで爽やかな味わい。ほのかな甘口のスパークリングワイン。
 
可児

可児

レモネードのような香りと、甘い果実の香りがする。

津屋

津屋

香りが強いけど、味の方は爽やかで軽いですね。飲みやすいです。

松田

松田

ほんとですね。チューハイ感覚でゴクゴク飲めますよ。

家田

家田

口当たりも柔らかくて、女性にもオススメできそう。

山本

山本

容器サイズがコンパクトでリキャップして持ち歩けるので、アウトドアの時に持っていきたくなりますね!

香りの強さ  ★★★☆☆
甘み     ★★★★☆
酸味     ★★★☆☆
まろやかさ  ★★☆☆☆
アルコール感 ★★☆☆☆

②カルロ ロッシ ICE スパークリング ロゼ

カルロ ロッシ ICE スパークリング ロゼ
DATA

発売日:2019年10月1日
アルコール度数:8%
内容量:280ml
商品特徴:力強いグレープフルーツに、グァバやパッションフルーツなど、トロピカルな果実を連想させる華やかな香り。豊かな果実味と優しい甘みのキュートな味わい。後口にもしっかりとグレープフルーツが香る。ほのかな甘口のスパークリングワイン。
 
家田

家田

グレープフルーツの香りが強いね。

山本

山本

そうですね。飲み終わった後も、口の中でグレープフルーツの香りが残っています。

松田

松田

香りが楽しめますね。アルコール度数8%にしてはすごく飲みやすいです。

可児

可児

ワインが苦手な方やワイン初心者の方にも飲みやすいと思う。

津屋

津屋

そうだね、どちらかと言うと、リキュールに近い感覚ですね。

香りの強さ  ★★★★☆
甘み     ★★★★☆
酸味     ★★☆☆☆
まろやかさ  ★★☆☆☆
アルコール感 ★★☆☆☆

③はじけるギュギュッと搾ったサングリア スパークリング 白ワイン×ラフランス&白ぶどう


DATA

発売日:2019年11月5日
アルコール度数:6%
内容量:290ml
商品特徴: ラフランスと白ぶどうの華やかでフルーティな香りと、フレッシュでさわやかな味わいが特徴のサングリアのスパークリングワイン。
山本

山本

デザートのような甘さが印象的ですね。

津屋

津屋

果汁感がたっぷり感じられますね。

松田

松田

仕事帰りにコンビニで買って、料理しながら飲みたくなりそうです。

家田

家田

新幹線に乗っている時や、移動中にも良さそう。

可児

可児

おつまみなしで、手軽に飲めるお酒として最適だよね。

香りの強さ  ★★★☆☆
甘み     ★★★★☆
酸味     ★★☆☆☆
まろやかさ  ★★★★☆
アルコール感 ★★☆☆☆

④はじけるギュギュッと搾ったサングリア スパークリング 赤ワイン×マンゴー&アップル


DATA

発売日:2019年11月5日
アルコール度数:6%
内容量:290ml
商品特徴:マンゴーとアップルの豊かな香りと、とろりとしたふくよかな味わいが特徴のサングリアのスパークリングワイン。
可児

可児

コップに注いでみると、見た目が濃い色をしているね。

家田

家田

最初はマンゴーの味、後からアップルの味に変わっていくね。

津屋

津屋

マンゴーの甘みが強いから、酸味はあまり感じないですね。

山本

山本

しっかり冷やしてから飲めば、より美味しく飲めると思います。

松田

松田

アルコール感も控えめだから、ライト層の方にオススメできますね。

香りの強さ  ★★★☆☆
甘み     ★★★★☆
酸味     ★★☆☆☆
まろやかさ  ★★★★☆
アルコール感 ★★☆☆☆
〈総評〉
全体的に「果汁の甘さ」が際立ち、女性にも飲みやすい商品が多い印象でした。「小容量」「低アルコール」で、ワインらしさを活かしながらもフルーツフレーバーが入りRTDに近い商品として親しみやすい印象を受けます。味わいだけでなく、容器でもRTDに近く、リキャップすることができるため気軽に手に取れるので、キャンプなどのアウトドアに気軽に持ち運ぶことができます。旅先、外出時に少し飲みたいといった気分の時に是非飲んでいただきたい商品です。また、オーソドックスなワインとは異なり、ワインが苦手な方でもワインの風味を楽しむことができると思います。今後もこのようなRTDに近いワインが発売されることが予想され、さらなるワインブームの到来が期待されます。 是非この機会に、新発売されるスパークリングワインを飲んでみてはいかがでしょうか。

※記事の情報は2019年9月30日時点のものです。
  • 1現在のページ