フィンランド”ロンケロ”の愛称で親しまれるロングドリンク

長年厳しい禁酒法下にあったフィンランド。オリンピックの開催により、大勢の海外からの観光客が飲むお酒が足りないという事態に陥らないために法律が緩和され、導入されたのが “ロンケロ” でした。

ライター:IZMIC MARKET EYEIZMIC MARKET EYE
メインビジュアル:フィンランド”ロンケロ”の愛称で親しまれるロングドリンク

ロンケロとはどういうもの?

ムーミンのふるさと北欧フィンランドからやって来たピンクのお酒 「ロンケロ」。一般的にはベースに「ジン」を使用し、「グレープフルーツソーダ」で割ったお酒のこと。アルコール度数も4~6%と飲みやすい仕様となっているものが多いです。

サウナドリンクとしてロンケロを!

医学的には推奨されませんが、多くのフィンランド人はサウナでロンケロを楽しむことを好みます。その一因は「社交の場ではお酒を楽しむのが一般的」かつ「サウナは社交場の一つである」という背景がフィンランド社会にあるからかもしれません。

※サウナでお酒を飲むのは体に負担をかけるので注意が必要です。

様々なシチュエーションで!

行楽、音楽フェスや各種イベントなどでも会場の雰囲気を盛り上げる一翼を担えるこのロンケロ。クラブ、式場ウエルカムドリンクなど、様々なシチュエーションに絡めるビジュアル感も備えています。

イズミックからのご提案

ユーラシアトレーディング
オリジナルロングドリンク
330ml
参考小売価格250円(税別)
●JAN:6413600055907


ジャパンメディアセールス
ヘルシンキ ロングドリンク
330ml
参考小売価格450円(税別)
●JAN:6419800152972


※この記事は株式会社イズミックが運営する「イズミックマーケットアイ」からの転載です。
※記事の情報は2021年12月9日時点のものです。
  • 1現在のページ