日本の樽×日本の酒/有明産業

有明産業は、お酒の熟成に欠かせない洋樽の製造・販売を行っている独立系として国内唯一の樽製造メーカーです。また、酒造メーカーと共同で樽の素材による風味の違いを楽しめる商品も開発しています。

ライター:IZMIC MARKET EYEIZMIC MARKET EYE
メインビジュアル:日本の樽×日本の酒/有明産業
※この記事は株式会社イズミックが運営する「イズミックマーケットアイ」からの転載です。

国内唯一の製樽メーカー

有明産業は1984年に宮崎県都農町に製樽工場を建設し、国内では最後発として洋酒樽の製造販売を開始した。

2014年には競合他社の廃業に伴い、独立系として国内で唯一の製樽メーカーとなった。

樽を知り尽くしているからこそ、原酒の魅力を引き出し、あらたな価値を生み出す国内唯一の製樽メーカーが大石酒造場と共同開発した、樽の素材による風味の違いを楽しめる樽熟成酒をご紹介します。

オリジナルの樽開発(ジャパニーズテイスト)

日本を代表する木材を用いて唯一の原酒を生み出します。

●桜樽・・・甘く爽やかな桜の香り
●栗樽・・・まるでモンブラン
●ミズナラ樽・・・伽羅・白檀の香り・ビターチョコレート

樽を通じて美味しいお酒造りをサポートすることで、日本の樽・お酒の文化発展につなげ、魅力ある樽熟成酒を世界に発信できる環境づくりをしていきます。

イズミックからのご提案

タルスキー 樽蔵
それぞれ日本を代表する木材「桜」「栗」「ミズナラ」の樽で、米焼酎を熟成し、甘く華やかな香りと爽やかな木の香りが心地よいお酒に仕上げました。
※ 樽詰めしたままの色合いや味わいを楽しんでいただくために、食物繊維を入れることでリキュール区分としています。

有明産業
樽蔵 [SAKURA]
500ml
アルコール度数 43度 
参考小売価格 3,500円
● JAN:4580509200102



有明産業
樽蔵 [KURI]
500ml
アルコール度数 43度 
参考小売価格 3,500円
● JAN:4580509200119



有明産業
樽蔵 [MIZUNARA]
500ml
アルコール度数 42度 
参考小売価格 3,500円
● JAN:4580509200126



※記事の情報は2022年3月9日時点のものです。
  • 1現在のページ