ヴィーガン×酒~完全採食主義者でも楽しめるお酒~

魚や肉に加え、卵・乳製品などの動物性食材をいっさい口にしない「完全菜食主義者」であるヴィーガン。今、酒類業界でもヴィーガン認証を取得している商品も多くなってきています。現在、ヴィーガン認証を取得している商品をカテゴリー別にご紹介します。

ライター:IZMIC MARKET EYEIZMIC MARKET EYE
メインビジュアル:ヴィーガン×酒~完全採食主義者でも楽しめるお酒~

ヴィーガンとは?

ヴィーガンという言葉は、1944年イギリスでヴィーガン協会(The Vegan Society)が設立された際に命名されたとされています。

ヴィーガンには、動物愛護の観点からだけでなく、肌につけるものも動物由来のものを使用しないエシカルヴィーガン、主に健康のために食事面のみで実践するダイエタリーヴィーガンなどがあり、昨今では環境問題への配慮や健康志向の高まりなどから、若い世代を中心に増えています。

ヴィーガン認証とお酒

ヴィーガンはお酒を飲まないと思われている方もいますが、お酒を嗜まれる方は多くいます。

日本で増えているヴィーガン対応のレストランでも、ほとんどの店でアルコールが提供されています。

多くのお酒の主原料は動物性の成分が使われていません。例えば、ビールは麦芽や酵母、ポップなどが原料となり、梅酒やワインは果実。日本酒も米と麹が主な原料となります。しかし、副原料で動物性の成分が使われていることが多く、ヴィーガン認証を取得している商品は多くありません。その中で昨今では海外産のビール、ワインだけでなく、日本のお酒でも認証を受けた商品が増えています。今後、健康や環境の観点から日本でも注目のカテゴリーになると思われます。

イズミックからのご提案


※認証国:その国の認証機関にてヴィーガン認証を取得してる意。

※記事の情報は2022年7月6日時点のものです。
  • 1現在のページ