野草チャンプルーと泡盛《ソラノミダイアリー ホーボージュンのほろ酔い放浪記⑨》

今日も日本と世界のどこかで「空飲み」。アウトドアライターのホーボージュンが綴る酒と放浪の日々。沖縄の洞窟に足止めされたホーボージュン、地元のオバアの教えで浜の野草に詳しくなる。

ライター:HOBOJUNHOBOJUN
メインビジュアル:野草チャンプルーと泡盛《ソラノミダイアリー ホーボージュンのほろ酔い放浪記⑨》

沖縄の美ら海で、オバアと出会った。

沖縄を旅してきた。シーカヤックという海のカヌーにキャンプ道具一式を積み込み、野宿をしながら海を漕ぎ回ってきたのだ。

これは『フィールドライフ』* というアウトドア雑誌の連載企画で、もう10年間も続けている。北は北海道から南は沖縄まで訪れた海域は30カ所以上。ほとんどが海だが、時には川や湖も漕ぐ。巨大魚イトウを釣り上げるべく、北海道の手塩川を漕ぎ下ったり、作家の野田知佑さんに憧れて犬連れで四万十川を下ったりもした。毎回スリリングな旅になるので僕はこの企画を毎回楽しみにしている。

そのいっぽうで自然まかせの旅だから思い通りにいかないことも多い。特に海は天候の影響を受けやすく、波やウネリが大きくなったり、少しでも風が強まると前に進めなくなる。エンジン付きの船舶と違い、シーカヤックはおのれの腕力がすべて。小さな無理が大事故へと繋がるからぜったいに無理はできない。

かくして海に出られず、浜で「停滞」を余儀なくされることも多い。今回の沖縄の旅もそうだった。沖縄本島北部の本部半島(美ら海水族館のあるところだ)の北側にある今帰仁村にいる時に低気圧に捕まり、3日間も足止めを喰らった。オバアに会ったのはそんな停滞の最中だった。
沖縄の美ら海で、オバアと出会った
「オニイサン、ここで何してるの?」

そう声をかけられたのは砂浜で流木を拾っている時だった。そろそろ焚き火を熾して夕飯の仕度にかかろうと思ったのである。

「カヤックで海を旅してるんですけど、波が高くて出られなくなっちゃて、昨日からあそこの洞窟で野宿してるんですよ」

「あらあら!」

おばあは洞窟に張ったテントと潮まみれの僕を見て目を丸くしている。まるでキジムナーでも見つけたような顔だった。

「でも今夜から暴風雨になるって、村内放送で言ってたわよ」

「そうなんですよ。だから今のうちに薪拾いしとこうかと思って」

オバアは今日は海岸まで薬草を摘みに来ていた。入院中の旦那さんに届けるためだという。

「ニイサンはなにか食べるものあるの?」

もしなければ何か持ってきてあげるよと気遣ってくれる。地方を旅しているといつもこうやって地元の人がなにかと声をかけてくれる。ほんとうにありがたい話だった。

「大丈夫です。ポーク缶と島豆腐があるから、今夜は豆腐チャンプルーでも作ろうと思ってます」

ポーク缶というのは「スパム」とか「ランチョンミート」とか呼ばれる豚肉の缶詰めのことだ。ソーセージの中味をそのまま缶詰めにした軍用のレーションで、在日米軍によって広められ、いまや沖縄の家庭では欠かせない食材になっている。日持ちがするので僕らもキャンプによく使う。普段食べるには塩分がキツ過ぎるし、脂もギトギトだが、カラダを使う人力旅にはこれぐらいがちょうどいいのだ。

「でも野菜がなにもないんだよなあ」

僕のつぶやきを聞いたオバアは、にっこりと笑うこう言った。

「チャンプルーの野菜ならいくらでもあるでしょ」

「え? どこに?」

「ニイサンの足元に、いーっぱい」

それがタエさんとの出会いだった。
沖縄の美ら海で、オバアと出会った

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!