音楽をこよなく愛するフレンチシェフ 井熊良仁さんおすすめの家飲み音楽とは《私の家飲みプレイリスト⑦》

ジャズの名曲からクラシックまで、フランス料理のコースのような見事なプレイリストをお届けします。

ライター:池谷 恵司池谷 恵司
メインビジュアル:音楽をこよなく愛するフレンチシェフ 井熊良仁さんおすすめの家飲み音楽とは《私の家飲みプレイリスト⑦》
あなたは家飲みのお供にどんなBGMをかけていますか? 音楽好き&お酒好きの方々に、素敵な家飲みミュージックを選曲していただく連載企画「私の家飲みプレイリスト」。今回ご登場いただくのは、フランス料理の名店、シェ松尾で長らくシェフを務め、現在は新宿のdining lounge concept Bでの料理長、その他のレストランのプロデュースを務める井熊良仁さん。フレンチのシェフは、どんな音楽を聴きながら、どんなお酒を飲むのでしょうか。

(記事の最後にSpotifyで実際に音楽が聴けるプレイリストがあります。音楽を聴きながらの家飲みをぜひお楽しみください)

今回、選曲してくれたのはこの方!

フレンチシェフ 井熊良仁さん

老舗フレンチレストランシェ松尾 青山サロン、シェ松尾 天王洲クラブなど数々のレストランでシェフを務める。現在は新宿駅にほど近いdining lounge concept Bでの料理長や、およびその他店舗のプロデュースに携わる。

フレンチシェフ 井熊良仁さん

井熊さんの選曲はこちら

  • リー・モーガン・・・Candy
  • リー・モーガン・・・The Delightful Deggie
  • リー・モーガン・・・The Delightful Deggie (Big Band Version)
  • マイルス・デイビス・・・Dear Old Stockholm
  • パット・メセニー・・・Last Train Home
  • ゴンサロ・ルバルカバ・・・Imagine
  • ジョン・コルトレーン・・・Giant Steps
  • ジョン・コルトレーン & ジョニー・ハートマン・・・They Say It's Wonderful
  • アレサ・フランクリン・・・Somewhere
  • クインシー・ジョーンズ・・・Jazz Corner Of The World
  • クインシー・ジョーンズ・・・Birdland
  • モーリス・ラベル・・・水の戯れ
  • 冨田勲・・・アラベスク第一番(ドビュッシー)
  • 冨田勲・・・月の光(ドビュッシー)
  • ショパン・・・ノクターン第20番遺作

リー・モーガン発、ドビュッシー行きのオン・ザ・ロック

「音楽は好きですね。修業時代は風呂もないアパートで、仕事が終わって夜中に帰って来るとラジカセで音楽を聴くぐらいしか楽しみがなかった。でも音楽があったからこそ挫けなかったんじゃないかな」と語る井熊さん。その頃はミュージシャンの友人からジャズギターのラルフ・タウナーや80年代のパンクジャズ「ゴールデン・パロミノス」など、マニアックな音楽を教えてもらって聴いていたのだとか。そんな音楽好きなシェフ、井熊さんですが、家でお酒は飲むのでしょうか。「もちろん飲みますよ。たいていは妻と食事をしながら、料理に合わせてワインか日本酒ですね」。一人で飲むことは? 「あまりなかったけど、最近youtubeで昔のサントリーの大原麗子が出演していたCMを見たら、やっぱりいいなぁと思って。『少し愛して、長く愛して。』とかね。それで最近はバカラのオン・ザ・ロックのグラスにオールドを入れて飲んでいます」。
オン・ザ・ロック
そんな井熊さんですが、オールドのロックを片手に一人で飲むなら、どんな音楽を聴くのでしょうか。「まずはワンホーンのカルテットのジャズからだね。ワンホーンならサックスよりトランペットがいい。リー・モーガンの『キャンディ』あたりが最高だと思う。音は明るいけど、ワンホーンだからザワザワしてない。そこがいいね」。硬派なハードバップのジャズならウィスキーはシングルモルトのほうが似合うような気もします。「いや、その時代のジャズには、シングルモルトよりオールドのようなマイルドなブレンデッドのほうがいい」。2曲目もその流れでリー・モーガンの代表曲『サイドワインダー』。そして3、4曲目もさらにリー・モーガンが続きます。これは同じ曲ですか? 「The Delightful Deggieっていう曲なんだけど、1つはコンボで1つはビッグバンドでの演奏。アレンジ違いで両方聴き比べるのが楽しいんだよ」。そしてリー・モーガンをたて続けに聴いたところで 「帝王マイルス・デイビスだね。『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』というアルバムに入っているんだけど、LPだったらB面にある『Dear Old Stockholm』」。なるほど。ちなみにラウンド・アバウト・ミッドナイトとは深夜12時を過ぎた頃、という意味。プレイリストも、ちょうどこのあたりで深夜0時を回るころ。
ウィスキーに合わせるなら、青カビ系のフレッシュチーズ
ところで今晩はオン・ザ・ロックですが、そんなとき井熊シェフならツマミはどうしますか。「そうだね。この時間ならもうお腹は空いてないから、何か食べるならチーズかな。ウィスキーに合わせるなら、青カビ系のフレッシュチーズがいい。イギリスのスティルトンか、イタリアのゴルゴンゾーラ。あとはドイツのカンボゾーラもいいと思う。これはフランスのカマンベールとイタリアのゴルゴンゾーラを合わせたようなチーズ。それに羊乳のセミハードチーズもあうんじゃないかな」。なるほど美味しそうです。

さて曲ですが、ここからどうしましょうか。「ここまでずっとトランペットだったから、このあたりでギターのパット・メセニーにしましょう。パット・メセニーならどの曲を聴いてもいいけど、ここは『Last Train Home』にします。タイトルどおり、電車に乗って故郷に帰っている時のような、優しくて懐かしいような曲」。そして次は、キューバが生んだ天才ジャズピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバの『イマジン』。これはジョン・レノンの名曲のカバー。「すごくシンプルな曲で、歌詞がなければ成立しないような曲を、ピアノだけで聴かせてくれる名演だと思う」。ジャズピアノといえば、あのキース・ジャレットが来日した時、井熊シェフがキースのためにプリンを作ったことがあるのだとか。「ずいぶん前のことだけど、渋谷のオーチャードホールにキース・ジャレットのトリオが来て、キースが『プリン』が食べたいと言ったらしい。それでシェ松尾にオーダーが来たから作ったら、お礼でライブに招待してくれました。その時のライブは、今まで聴いたジャズのライブで一番良かったな。キースがていねいにイントロを弾いて、すっと曲に入る瞬間にドラムのジャック・デジョネットがシンバルのカップをカーンと叩いたんだけど、それはそれはカッコ良かった」。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!