これでワカッタ!日本酒古酒・長期熟成酒

このところ密かにアツい日本酒の古酒。長期熟成された日本酒が拓く古くて新しい日本酒ワールドとは?

メインビジュアル:これでワカッタ!日本酒古酒・長期熟成酒
日本酒に賞味期限はないとはいうものの、そう何年も置いておいたらどうにかなっちゃうんじゃないの? そう思われる方もいるかもしれません。中には、日本酒を長期間放っておくと「酢」になってしまう! と思い込んでいる方もいるようで…… でも、日本酒を長期熟成させた「古酒」、あるんです。日本で「古酒」というと泡盛のくーす(古酒)や、香ばしく熟成した麦焼酎の長期熟成ものが思い浮かびます。これらはいずれにしても蒸留酒ですが、例えばワインのビンテージものは、何年も熟成させた醸造酒の古酒です。同じ醸造酒、同じようなアルコール度数の日本酒「古酒」があっても不思議はありませんね。この日本酒の古酒、あるいは長期熟成酒の周辺が、近頃ちょっとアツい模様です。
 

日本酒の古酒の定義とは?

日本酒の古酒には、酒税法などで定めらた定義は特にありません。新酒はもちろん古酒ではありませんが、かなりの長期間、蔵元で保管・管理されて熟成されたものが古酒と呼ばれています。日本酒の古酒の普及と技術向上のために、酒造メーカーが集まって設立された任意団体「長期熟成酒研究会」ではこれを定義して普及活動を行っています。その定義とは「満3年以上蔵元で熟成させた、糖類添加酒を除く清酒」である事としています。中には3年どころか30年もの、なんていう古酒も存在します(ページ下のショップリンクでお買い求めいただけます)。
 

その味わいは?

古酒イベントの様子
「熟成古酒ルネッサンス2018」古酒に群がる人々……。
古酒の味わいは「まろやか」「濃厚」。昨年、長期熟成酒研究会主催の「熟成古酒ルネッサンス2018」にお邪魔していろいろと古酒を試飲させていただいたのですが、その多くはまったり、まろやか。甘みが増し、中にはみりんのような味わいや、キャラメルのような香りのものもありました。食中酒というよりは、デザートや、食前酒にぴったりといった印象。
古酒イベントの様子
ずらりと並んだビンテージ。
古酒たちは、熟成の程度によってその色は美しい琥珀色に……。滑らかな褐色の色合いも楽しみのひとつです。現在、日本酒の熟成に関してはまだまだ知見や情報が乏しく、各メーカーさんも鋭意研究中と言うことです。次ページでは、意外な古酒の歴史や魅力をお教えします。

 
  • 1現在のページ
  • 2

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

おすすめの古酒はコチラ!