名画「ローマの休日」と庶民派ワイン「キャンティ」の高貴な共通点

イタリア留学経験もあり、イタリア語講師として多数の著作がある京藤好男さん。イタリアの食文化にも造詣が深い京藤さんが在住していたヴェネツィアをはじめイタリアの美味しいものや家飲み事情について綴る連載コラム。今回はあの名作映画に印象的に登場する、イタリアのポピュラーなワインについてお話します。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:名画「ローマの休日」と庶民派ワイン「キャンティ」の高貴な共通点

世界に「キャンティ」を知らしめた『ローマの休日』の名場面

ある世代の人々にとって、イタリアの銘酒「キャンティ(Chianti)」は、むしろ「安ワイン」、「庶民派ワイン」の代名詞、といったイメージが強いようだ。

その一因が、あの名作映画『ローマの休日』であることは、意外に知られていない。

ワイン・フリークではなくとも、この映画をお好きな方は、あの名シーンを覚えてはいないだろうか。

それは物語の終盤。サンタンジェロ城をのぞむテーヴェレ川での野外舞踏会。ジョー(グレゴリー・ペック)との淡い時を過ごしていた「アーニャ」ことアン王女(オードリー・ヘップバーン)は、自分を連れ戻しに来た護衛の男たちと大立ち回りを演じ、果ては川に飛び込んで追っ手を逃れる。泳ぎ着いた岸辺で、二人は初めての口づけ… やがて、ずぶ濡れの二人がたどり着いたのは、ジョーのアパートメント。シャワーを浴びて、男物のガウンに袖を通したアンに、ジョーは一杯のワインをふるまう。

さて、ここからが問題のシーンだ。キャンティを語るに当たって、私は次の2点をあげたい。

  • まずは、ジョーが手にしたワインのボトル。丸みを帯びた瓶には、藁が巻かれている。イタリアの庶民の酒を表す「フィアスコ(Fiasco)」だ。この瓶のスタイルの歴史は13世紀にさかのぼるが、この「キャンティ」が属するトスカーナ地方由来のスタイルであり、この映画が公開された 1953年には、すでに「キャンティ」独自のもの、つまり「フィアスコ」と言えば「キャンティ」と認識される、アイコンのようになっていた。
  • 次に注目なのが、そのワインを注ぐグラスだ。フィアスコをわしづかみにしたジョーが、おもむろに注いだのは、脚のついたワイン・グラスではなく、タンブラーだった。ウィスキーなどをあおる方が似合う、あれです。そこに赤ワインをおもむろにドドッと。これを王女に飲ませる!?
これ、日本式に言えば、徳利からお猪口に「おひとつ」と注ぐ代わりに、一升瓶から直接湯呑みに流し入れるようなもの。これを姫に飲ませる!?

つまり、このシーンで「キャンティ」は、高貴なプリンセスと、しがないジャーナリストとの、身分の差を超えた愛を演出する、絶妙な小道具として一役買っていたわけである。実際にその頃のイタリアで、「キャンティ」は安価な大衆酒だったのだが、それが決してマイナス・イメージではなく、むしろ粋なカジュアル・ワインとして、やがてアメリカや日本でブームを巻き起こすことになるのも、その理由はやはり、このシーンが切なく、感動的だったからだろう。
  • 1現在のページ
  • 2