イタリア発祥ではないカクテル「ミモザ」が、イタリアで愛される理由とは?

イタリア留学経験もあり、イタリア語講師として多数の著作がある京藤好男さん。イタリアの食文化にも造詣が深い京藤さんが在住していたヴェネツィアをはじめイタリアの美味しいものや家飲み事情について綴る連載コラム。今回は可憐な花の名前がついたカクテルについてお話します。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:イタリア発祥ではないカクテル「ミモザ」が、イタリアで愛される理由とは?

イタリアの「女性デー」のシンボル「ミモザ」

イタリアに春を告げる花といえば「ミモザ」だ。小さな玉のような黄色が愛らしく、冬に耐えた人々の心を浮き立たせてくれる。そして、そのミモザが開花する季節、毎年3月8日をイタリアでは「女性の祝祭(Festa della donna)」としている。そしてこの日は、男性が女性にミモザの花束を贈るのが習わしとなっている。

ミモザを贈る相手は誰でもかまわない。恋人はもちろん、妻でも、祖母でも、姉妹でも、普段お世話になっている人でも。ミモザはその相手によって「愛の証」にも「感謝の印」にもなってくれる。

これは、1908年3月8日の米ニューヨークで、参政権を求める女性労働者たちによって行われた大規模デモが発端となり、やがて1975年には国連によって制定された「国際女性デー」と軌を一にする。だが、この日に「ミモザ」を贈るような国はイタリア以外にはない。その習慣が作られるには、ちょっとイタリアらしい歩みがある。その制定に深く関わったのが、テレーザ・マッテイという女性活動家だ。実は彼女は、第二次大戦中にナチスやファシストと戦ったパルチザンの「伝令員(La staffetta)」でもあった。

テレーザは晩年の取材でこう証言している。「あの頃、ミモザはパルチザン兵から女性伝令員への一つの贈り物のでした。私は山中での激しい戦闘をよく思い出しますが、そこではミモザが束になって摘めましたし、それにタダでしたからね」

戦後、テレーザは女性の人権を守る活動家として献身する。そしてこの「女性の祝祭」制定に当たり、花を贈る活動を始めようとしたとき、どの花を贈るべきかが議論となった。ミモザのほかに、アネモネやカーネーションなども候補にあげられたが、春にイタリア中で開花するものであり、どのような身分でも、どのように貧しくても、誰にでも手に入る花だという彼女の意見が受け入れられた。女性の立場を主張するだけでなく、身分や格差を超えた「愛」を表現しようとするところに、私はイタリアらしさを感じてうれしくなる。
 

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!