「酒は百薬の長」なのか?〈老けない人は何を飲んでいる? ⑭〉

「酒は百薬の長」というのは具体的にどのようなことなのでしょうか。これまでに見つかっているさまざまなメリットと、その前提になる「適量」についてご紹介します。

メインビジュアル:「酒は百薬の長」なのか?〈老けない人は何を飲んでいる? ⑭〉

この記事をシェアしよう!

目次

厚生労働省が推奨する、愛飲家にとってはつらい「適量」。

「酒は百薬の長」といわれていますね。といっても、飲みすぎれば二日酔いになりますし、さらに大量に飲めば病気の要因にもなります。ほどほどで終わりにしたいけど、飲み出すと止まらないという方も多いでしょう。

いますぐ病気にならなくても、長年にわたるお酒の多飲から病気になることがあります。例えば長年の飲酒からカルシウム不足をひきおこし、骨粗しょう症を発症することも。骨粗しょう症は女性に多いから関係ない話と思っている男性のみなさん、そんなことはありませんよ。歳をとれば男性も骨粗しょう症になり得ます。

「酒は百薬の長」に値する飲酒量は、ご存知のとおり適量です。

厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」では、節度ある適度な飲酒は1日平均純アルコールにして約20グラム。これが一単位と呼ばれる量です。

ビールなら500ml、ワインなら180ml、焼酎(25度)なら110ml、日本酒(15度)なら180mlです。こちらは、何度も聞いたことがあるでしょう。愛飲家の方にとっては、そんなの助走レベルだよ・・・と悲しくなってくる量だとは思います。

でも、よく思い返してみてください。お酒の席で飲酒量が増えていくと、料理やお酒をちゃんと味わうという気持ちがだんだん弱くなってはいませんか。

ある料理人の方から聞いた話ですが、お酒を飲むと味覚が鈍ってくるので、美味しいと感じていただくために、コース料理ではだんだん味を濃くしているとのことです。厚生労働省が推奨するビール中瓶1本程度を飲んだくらいで料理やお酒の美味しさがわからなくなるわけがない、という愛飲家の思いをよそに、料理のプロは冷静に対策を講じているわけです。

適量というのはかなり個人差があります。ほろ酔い程度ぐらいを目安にするとよいのではないでしょうか。

 

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!