自然のままにワインを造る新潟県【胎内高原ワイナリー】を訪ねました。

自然派ワイナリーのブドウ栽培哲学と自慢のワインたち

地方自治体が経営するワイナリーとして注目を集める、新潟県の胎内高原ワイナリー。近年、コンテストの受賞も重なり、その評価は揺るぎないものになっています。今回は、葡萄の花が開く6月、ぶどう畑を見学させていただきながら、胎内高原の特徴あるテロワール(ワイン産地の土地の特徴)と、ワイン造りに対する思いを伺いました。
 

複雑な土壌と強い風

くねくね、でこぼこと続く山の農道を車でしばらく行くと、雑木がからまる山の斜面に、ぽっかりとぶどう畑が姿を現しました。これはかなりの山の中です。斜面の傾斜は最大25度ほど。畑の上から見下ろすと、ぶどう畑の向こうに胎内市が望めます。そのずっと遠くは日本海です。畑で待っていたのは、胎内高原ワイナリーで葡萄の栽培の責任者を務める佐藤彰彦さん。
胎内高原ワイナリー栽培担当の佐藤さん

まずは、気候や土壌の特徴を教えてください。

佐藤:この畑は、高坪山という山の中腹にあります。粘土層がベースなんですが、海が近いので堆積岩があったり、砂の層があったり、すごく複雑な土壌ですね。標高は250メートルぐらい、新潟県内の葡萄畑としては標高は高いほうですが、全国的にみるとそうでもないかもしれません。斜面は南西に向いていて日当たりは良いです。ここの大きな特徴としては、「だしの風」という強い風が吹くというところです。風通しが良いので、粘土質が入った土壌にもかかわらず、乾燥して、病害虫の被害が少ないんです。そのため、農薬も自然由来のものだけで充分やっていけます。
 

雑草に耕してもらう?

葡萄畑

ずばり、葡萄畑のコンセプトをお聞かせください。

佐藤:極力人為的なことはやらずに自然そのままで育てたいという前提を持っています。極力、化学農薬は使わず、自然由来のものを使います。肥料もつかいません。無肥料栽培です。土も、「草生(そうせい)栽培」といって、人為的に耕さず、畑を覆った雑草の根で耕す方法をとっています。雑草の根が土の中に入り込んで伸びていくことで耕され、土の中に空気が入っていきます。

葡萄畑、今は(6月下旬)一年の中でどんな季節なんですか?

佐藤:今は、ちょうど開花の季節です。あまり花らしい形はしていませんが、この一つ一つが葡萄の粒になります。
葡萄の花
なかなか見る機会のない葡萄の花。あまり花らしい形はしていませんが、この一つ一つが葡萄の粒になると思うとちょっと不思議な気持ちになります。

冬は冬眠

新潟といえば、豪雪地帯。冬は雪深い地域です。葡萄栽培には支障ないのでしょうか。

佐藤:冬になると2メートルの積雪になりますから、畑には入れなくなってしまいます。なので、12月に雪が降り始める前、11月に2万本を剪定して、枝を片付けたらその年は畑仕事はおしまいになります。そのあとは春まで畑は「冬眠」してしまいます(笑)。春になったら、まず、雪かき、そして、傾いでしまった木を起こすところから1年の葡萄づくりが始まります。
 

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

胎内高原ワインはこちらで買えます。