盛り上がる日本ワイン、甲州葡萄No.1 ワイナリーを目指す「盛田甲州ワイナリー」を訪ねました。

葡萄の実りと共に今年もニッポンのワイン造りがはじまりました。9月の末、盛りのワイン造りを見せていただこうと、山梨県勝沼に盛田甲州ワイナリーを訪ねました。山梨が産んだ日本固有の葡萄品種、「甲州種」にこだわり、甲州種のワイン醸造ナンバーワンを目指す、老舗のワイナリーです。
インタビュアーとして、「バイヤーズレポート」コーナーでおなじみの酒問屋イズミックのバイヤー、青田さんにも同行していただき、工場長の井上公昭さんにお話を伺いました。

この記事をシェアしよう!

目次

勝沼でのワイン造りとは

勝沼でのワイン造りとは

盛田甲州ワイナリーは、勝沼でも1,2の規模を誇るワイナリーです。シャンモリの愛称で親しまれ、その高い品質と手頃な価格で人気を博しています。
江戸中期、愛知県で日本酒や味噌、醤油の醸造を行っていた盛田家が、今から100年ほど前にワイン造りを志したことがワイナリーの始まりです。しかしその時は病害虫で葡萄がうまく育たず、その夢は一度潰えてしまったのです。そして、昭和48年、果たせなかった夢を実現するため、ここ勝沼にワイナリーを構えて本格的にワイン醸造を始めました。葡萄の里、ここ勝沼でワイン造りをする意味や意義を伺いました。

青田 国内でも、北海道、長野など色々な銘醸地があるなかで、勝沼とはどんな場所なのでしょうか?

井上 甲州葡萄は1200年の歴史があると言われていますし、昔から葡萄の産地、ワインの産地としての営みがあった。その中からここにしかない独自の品種が生まれ、それを地元の方々が愛して、葡萄を作り続けてきたというところが大きいと思います。それと地理的な優位性もあります。葡萄は寒暖差が激しく、水はけが良い場所、日照が良い場所を好みます。勝沼は典型的な盆地の気候ですから、それが葡萄づくり、ひいてはワイン造りにぴったり合ったのだと思います。

国内初の国際品種として登録

国内初の国際品種として登録

ワイナリー近くの契約農家の畑で実るのは、この地のワインの魂とも呼べる品種「甲州」です。葡萄「甲州」、いわゆる甲州葡萄の歴史は1200年以上。遠く奈良時代以前にまで遡ることができるほど古いものです。日本の固有種の葡萄として、初めて国際ぶどう・ぶどう酒機構(OIV)に品種登録されました。

青田 甲州種がOIVで、国際品種に登録されましたね。

井上 そうですね。甲州ぶどうが、ワイン用の品種として世界的に認められたということで、海外でも堂々とアピールできる、ということになりました。我々ワイナリーももちろんですが、農家さんたちの自信に繋がって、さらに良いものを、という意欲も高まったと思います。

青田 マスカット・ベーリーAも登録されました。

井上 山梨の赤ワイン用の品種がマスカット・ベーリーAですが、これも登録されました。この二品種を使って他県にはない、山梨独自のワインとして育てていきたいと思っています。

青田 ワインを造るにあたって、ほかのヨーロッパ系の品種との違いはありますか?

井上 そうですね、ワイン造りの機械は、ヨーロッパ系の品種用につくられたものを日本に持ち込んでいます。そうすると、国産の品種を使ったときに、果汁を絞りにくかったり、いろいろなトラブルが起こりやすいんです。搾りすぎちゃったりとか、詰まっちゃったりとか。マニュアルどおりに使うのではなく、葡萄の様子を見ながら、細かくコントロールして、気を使いながら造っています。

甲州種の味わいとは?

長い歴史を持つ日本特有の葡萄、甲州。果実はきれいな藤色で大粒。甲州種で作られたワインの味わいはどんなものなのでしょうか?

青田 甲州種の味わいの特徴は?

井上 ワインの味わいは、その土地の風土に根ざしたところが大きいと思います。日本人は、慎み深くて上品でやさしい、といった特徴を持つ民族だと思うのですが、日本独自の品種である甲州種もまた、そんな味わいがあると感じます。甲州種で造られたワインは、日本料理に合います。味噌や醤油など醸造系の調味料にもよく合いますね。

青田 奥ゆかしさ、みたいな。

井上 そうですね。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!