【マウントレーニア】25周年記念|マイスターズラテ抽選で50,000名様にプレゼント|ご参加ありがとうございました。終了しました

イタリア人エキスパートに聞いた! 新酒「ノヴェッロ」と本場の楽しみ方

11月、イタリアにも新酒が出回ります。ボージョレ・ヌーヴォーとはまたひと味違った新酒「ノヴェッロ」について詳しい方に聞きました。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:イタリア人エキスパートに聞いた! 新酒「ノヴェッロ」と本場の楽しみ方

仏ボージョレ・ヌーヴォーと伊ノヴェッロとの違いは?

イタリアに本拠を置く某カフェ・チェーン店、その日本支社に勤務する友人のミルコ・チザーレさん。現在は、バリスタの指導やエスプレッソ・マシーンの修繕などを行なっていますが、飲食業界の様々な分野でキャリアを積み、ワインにも精通しています。そんなミルコさんに、イタリアらしい秋のワインの楽しみ方をお聞きました。

京藤(以下K): 11月はワインの新酒の季節ですね。ヨーロッパの新酒といえば、日本ではフランス産の「ボージョレ・ヌーヴォー」が有名ですが、イタリアでは?

ミルコ(以下M): イタリアでも同じ時期に新酒が解禁になります。イタリアの新酒は「ノヴェッロ(Novello)」といいます。フランスものとの違いは、フランスでは「ボージョレ地区」、つまり生産地を限定して「ガメイ(gamay)」というブドウを使って作るのですが、イタリアのノヴェッロはどの地域でも作ってよく、使用するブドウにも制約がありません。

K: イタリア全国で、いろんな新酒の味が楽しめるということですね。

M: そうです。フランスに比べると、かなり自由ですよね。ただ、商業的にはフランスの方が大きく成功しています。そもそもこの新酒の売り出しを始めたのはフランスが先。フランスは1930年代、イタリアは1970年以降です。また、ボージョレのように、生産地を限定し、ブドウ品種を絞り込み、さらには製法まで規制して作れば、新酒でありながらも、毎年安定した味を実現でき、愛好家たちも楽しみに待つようになります。一方、イタリアは自由な分、当初は味や品質にバラツキもあり、長年商業的にはうまく定着できませんでした。近年は、イタリアの新酒も質が上がり、各地で美味しいノヴェッロが飲めるようになりましたよ。
 

通がおすすめするノヴェッロは、これだ!

K: イタリア各地で生産されるというノヴェッロですが、ミルコさんのお気に入りはありますか?

M: 新酒では、ヴェネト州産が好みですね。まず挙げたいのが「ラ・バラッタ(La Baratta)」。大のお気に入りです。

K: どんな特徴がありますか?

M: ヴェネト州の新酒は、国際品種を使うことが多いんです。ノヴェッロはたいてい、地元の土着ブドウで作ることが多いのですが、ヴェネトではむしろ、通常の生産に用いるブドウで作っています。「ラ・バラッタ」にはカベルネ・フランとメルローが使われていますよ。

K: いずれも大変メジャーな国際品種ですね。どちらも長期熟成に耐えられます。それをあえて新酒で出すなんて、贅沢な気もしますが(笑)。

M: 「ペトリュス」は知っていますか? ボルドー産のメルローを使った最高級ワイン。普通に30万円以上はします(笑)。メルローはそれほどのポテンシャルを持っていますね。そこまでは行きませんが、ヴェネト州もこのメルローを使ったIGP(上級テーブルワイン)の生産が大変盛んな土地です。新酒でも、長期熟成タイプでも、いろんなメルローを楽しんでもらおうという趣向なんだと思います。

K: なるほど。地元のワインの特徴を、切り口を変えてアピールするわけですね。

M: もう1本、ここに用意した「ドゥカーレ(Ducale)」もヴェネト産のノヴェッロです。このワインはメルロー100%ですよ。
ドゥカーレ(Ducale)
K: 「ペトリュス」もメルロー100%ですよ(笑)。そう比較すると、同じメルロー100%でありながら、出来上がるワインとしてはすごく幅が広い。

M: 1つのブドウの可能性を表現しているわけですよね。イタリア語で「インテレッサンテ」。「おもしろい」でしょ(笑)。
 

現地の人が楽しむノヴェッロとおつまみ

K: ミルコさんの故郷では、どのように新酒を楽しんでいますか? 地元ならではの習慣などあれば?

M: ノヴェッロの一般的な解禁日は10月31日ですが、僕の故郷では、新酒は「聖マルティーノの日」に祝うという伝統があります。「聖マルティーノの日」とは11月11日のこと。11月に入れば、もう気温は低く、北イタリアは冬の寒さとなっていますが、なぜか10日前後に、一時的に気温が少し上がるんです。地元の言い方で「聖マルティーノの日にモスト(ブドウの絞り汁)がワインになる」と言います。ですから僕の故郷では、新酒は11月11日にふるまわれますよ。

K: そのとき、ノヴェッロに合うおつまみなどは?

M: イタリアではよく「栗」と合わせます。ちょうど同じ時期の秋の味覚ですね。その栗を強火でローストして食べます。よく街角でも売っていますよ。
栗のロースト
K: 実はイタリアに滞在中、僕もこの季節にはよく食べ歩きしてました(笑)。

M: ホクホクとして美味しいですよね。あの甘くまったりした味わいに、フレッシュで丸みのあるノヴェッロが合うんですよ。口にまとわりつく栗を洗い流してくれるような感覚で、ワインが進みます。

K: もちろん、日本にも栗はありますが、町のお店で見かけるのは、ほとんどが「甘栗」。イタリアの味わいとはちょっと違いますよね。むしろ、イタリアの栗の感覚に近いのは「石焼きイモ」だという気がします。

M: 知ってますよ。カミオンチーノ(小型トラック)で売りに来るやつでしょ。なるほど(笑)。作り方としは、確かに似てますね。ノヴェッロと焼きイモの組み合わせ。きっとおもしろいマリアージュになると思いますよ。日本のみなさん、ノヴェッロを楽しんでくださいね。チャオ!

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

サラダスムージーでマルチな「腸活」みんなの腸活レポート大公開!詳しくはこちら