味を数値化する「味香り戦略研究所」が開発に参画した新定番ハイボールとは?

手軽に飲める缶ハイボールでありながら、鹿児島産の芋から手仕込みで作られた本格焼酎を使用。仄かな甘みと、すっきりとした喉ごしで、どんな食べ物にも合う「和のハイボール」という新たな市場を開拓した「鹿児島ハイボール」。開発に参画したのは、大手飲料メーカーではありません。味に関するコンサルティングを行なう「株式会社味香り戦略研究所」などが独自に開発した商品なのです。その誕生には、「味を数値化する」という最新技術が大きな役割を果たしていました。

ライター:丸本大輔丸本大輔
メインビジュアル:味を数値化する「味香り戦略研究所」が開発に参画した新定番ハイボールとは?
株式会社味香り戦略研究所 マーケティングサービス部 池田慶一郎さん
お話をうかがったのは…
株式会社味香り戦略研究所 マーケティングサービス部 池田慶一郎さん

最初に開発した商品は、他社にないこだわりのレトルトカレー

「株式会社味香り戦略研究所」とは、どのような事業を行なっている企業なのかを教えて下さい。
味を数値として測れる「味覚センサー」を使って、メーカーさんの販促や商品開発のお手伝いをすることが主体事業となっています。元々のお話をしますと、親会社(総合商研)がチラシなどを扱っている印刷会社でして。食品に関するチラシに、価格や写真だけでなく味のデータなどを盛り込めたら面白いのでは、という発想から生まれた社内ベンチャー企業なんです。今となっては、お客様の大半はメーカーさんで、「鹿児島ハイボール」のような独自商品の開発プロジェクトにも参画しています。

最初に開発したのが「鹿児島ハイボール」なのですか?
最初の商品は、「小麦粉不使用にもこだわったビーフカレー」と「小麦粉不使用にもこだわった野菜カレー」というレトルトカレーです。その名前のとおり、小麦粉を使っておらず、動物性の脂も極力使わないで作っています。コンサルなどの事業を通して、カレー作りのプロの方々との出会いがあり、そこから独自の商品開発へと繋がりました。

市場に少ないコンセプトの商品として、乙類焼酎のハイボールを開発

商品開発にも味覚センサーが活用されているのですか?
はい。例えば、市場のカレーのデータを測定してマッピングすることで、「こういう味のカレーは市場に無いんだな」といったことが明確に分かるんです。それらのデータも考慮しながら、弊社が作るカレーの(味の)ポジショニングを探していきました。大手さんがやっているのと同じことをウチのような小さな会社がやっても勝てるはずがないので。市場にあまり無いコンセプトの商品を作るように心がけています。

「鹿児島ハイボール」はどのような経緯で開発されたのですか?
私は直接開発に携わってはいないので、一部は伝聞になるのですが。世の中には「缶チューハイ」と呼ばれる商品がたくさんあるものの、それは甲類の焼酎やウォッカ、スピリッツを使ったものがほとんど。当時、乙類を使っている商品はほとんど存在していませんでした。ときどき新商品として出てきても、ほとんどがすぐに姿を消していたんですね。そういう現状がある中、「宝山」という芋焼酎で知られる鹿児島の西酒造さんと、以前より味覚センサーを通じたお取引などがあったことも関係しご縁をいただきました。「宝山」のようなプレミアムな芋焼酎をベースにしたRTD(割る手間がいらず、蓋を開けるとすぐに飲めるアルコール飲料のこと)があったら面白いのではと考えたんです。また、弊社が「鹿児島ハイボール」を出すよりも前から、飲食店さんでは、乙類焼酎のソーダ割りを出すところも少しずつ増えてきてはいて。そういう状況からも、面白い商品になるだろうと考えたんです。
「鹿児島ハイボール」の開発経緯

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!