どぶろくを飲んでみよう! 基本知識と家飲みアレンジ。

麹甘酒ブームの影響もあって、今「どぶろく」に熱い視線が集まっているそうです。いったい、どぶろくってどんなお酒なのか?

メインビジュアル:どぶろくを飲んでみよう! 基本知識と家飲みアレンジ。

どぶろく飲んだことありますか?

みなさんは、どぶろく、飲んだことがありますか?私は、ほとんど飲んだことがなく、ごくごくたまに居酒屋でみかけたおり、なんとなく「話のタネに」的なテンションで頼んでみる程度です。そんな時は結構お酒もまわっていて「あー、甘酒みたい」程度の感想で、味もよく覚えていない、という始末。しかしながら、どうも最近どぶろくが流行の兆しがあるという情報が漏れ伝わって来てちょっと気になり始めました。醸造設備をそなえた「どぶろくバー」的なお店も話題になっているようです。そこで、この記事ではどぶろくについて色々調べてみました。
 

とりあえず、どぶろく一本買ってみた

どぶろく
ともかく飲んでみなければはじまりません。散歩ついでに近所の酒屋でかけ、一本買ってみました。小山本家酒造(埼玉県)「天狗のどぶろく」720mL、アルコール度数は14~15度。酒屋さんの弁によると「これ、甘くて飲みやすいよ」とのこと。甘口らしい。ネットでもチェックしたところ評判も上々でした。Amazon価格で1,000円ちょっとですからコスパもなかなかです。

さっそく、お気に入りの蕎麦猪口に注ぎ、真っ白に濁ったやつを一口。見た目どおり、「濃いにごり酒」です。お米の味がしっかりして甘く、酸味も感じられ、おいしいですね。まさに甘酒のアルコール入り。韓国のマッコリに似ていると思う方もいらっしゃるかも。
 

どぶろくってどんなお酒?

どぶろく…… この野趣あふれる名前のお酒、お米で作ったジャパニーズ・リキュールです。漢字で書くと、「濁酒」とか「濁醪」です。「濁酒」は「だくしゅ」、そして「濁醪」は「だくろう」と読み、それが変じて「どぶろく」と言われるようになったという説があるようです。が、本当の名前の由来ははっきりしないようです。このどぶろく、昔々は各家庭で作られ、農作業の合間の栄養補給に好んで飲まれたとか。まさに甘酒のような存在だったようです。自分の田んぼで獲れたお米で自家製どぶろくを作って、みんなで飲む…… 日本の農村の良き習慣だったんですね。しかし、これも明治時代に一般家庭の酒造りが禁止され、御法度になってしまいました。

お米のお酒、日本酒の造り方を簡単に書くと、原料のお米を蒸して水を加え、麹菌を投入。お米に大量に含まれるデンプンを麹菌で糖に変え(糖化)、酵母菌を入れて糖をアルコールに変える。充分に発酵したら、搾って濾過。これでできあがりです。

どぶろくは、というと、途中まではほぼ同じですが、最後に「搾って濾過」をしないのです。お米が発酵してアルコールが出来たら、そのまま飲んじゃうお酒。甘酒のアルコール入りのやつ、というイメージですね。このため、酒税法上のお酒の区分では日本酒ではなく「リキュール」になります。日本酒が成立したもっとも初期の形を残すお酒とも言われています。こいつは、まさしく日本酒の「生きた化石」じゃないですか。
どぶろく原材料表示
どぶろくのラベル。清酒にあらず、リキュールなり。
どぶろく同様、白く濁ったお酒に「にごり酒」がありますが、これは粕が残るように、軽く濾過した日本酒です。法律上の日本酒(清酒)の定義が「お米をアルコール発酵させて濾過した酒」というものなので、少しでも濾過すれば日本酒(清酒)で、濾過しなければどぶろく、ということになります。ただし、製法としては濁り酒でも、商品名として「どぶろく」的な名称を使っている場合もありますね。

では、買ってきたどぶろく、ゆるゆると飲み進めることにしましょう!
  • 1現在のページ
  • 2

濃厚どぶろくをどうぞ!