ジワジワ来てる! 高アル系「ドライ」缶チューハイを飲み比べてみた《イエノミ ゆるゆる試飲会④》

ハイボールやレモンサワーに続く、RTDの新トレンド「高アルコール系ドライ缶チューハイ」を飲み比べてみました!

メインビジュアル:ジワジワ来てる! 高アル系「ドライ」缶チューハイを飲み比べてみた《イエノミ ゆるゆる試飲会④》
高アルコール系飲料の売り上げが好調なRTD市場において、最近ジワジワ人気が高まりつつあるとウワサのドライフレーバー・チューハイ。どの商品も「甘くない」「料理に合う」を売りにしていますが、実際のところはどうなんでしょう? ということで今回は大手5社から出ている、最新の高アル系ドライ缶チューハイを集めてイエノミ編集部で飲んでみました。

<編集部員紹介>


好きなお酒:ギネスビール一択!


好きなお酒:日本酒(特に燗酒だといくらでもイケる)


好きなお酒:やっぱりビールがいちばん!


好きなお酒:アルコールが入っていればなんでもウェルカム


今回飲み比べるのは、この5本
・TaKaRa「焼酎ハイボール ドライ」
・サッポロ「99.99(フォーナイン)クリアドライ」
・サントリー「196℃ ストロングゼロ ドライ」
・アサヒビール「ウィルキンソン ハード 無糖ドライ」
・キリンビール「キリン ザ ストロング ハードドライ」

 

TaKaRa|焼酎ハイボール ドライ

TaKaRa|焼酎ハイボール ドライ
原材料:焼酎、糖類、酸味料、香料、カラメル色素
アルコール:7%
こちらでも購入できます!

S昔から好きなんだよね。出張の時とかに夜のコンビニでよく買うよ。あたりめなんかと一緒に。
E:これ、何食べても合いそうですね。なんの邪魔もしなさそう。
Y:やっぱりベースが焼酎だから飲みやすいね。「ハイボール」って今でこそ日本でもウイスキーソーダのことも言うけど、昔は焼酎のソーダ割を「ハイボール」って呼んでたんだよ。
EA:へー! そうなんですか。
A:このレトロな雰囲気の缶のデザインもカワイイですね。

 

サッポロ|99.99(フォーナイン)クリアドライ

サッポロ|99.99(フォーナイン)クリアドライ
原材料:ウォッカ、糖類、炭酸、酸味料、香料、苦味料
アルコール:9%
こちらでも購入できます!

E全然アルコール臭くないですね。9%とは思えない。
S:うん。どちらかというと刺激が少ない印象。言われなきゃ9%ってわかんないよね。
A:商品名の「99.99」というのは、エタノール以外の有機物割合が0.001未満という意味らしいです。
Y:ウォッカにちょっとレモンを搾った感じだよね。これは美味しいと思う。
Eなにもストレスがない感じで、すごく飲みやすい。
S僕もこの中から1本選ぶんだったらこれかな。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!