今なら掘り出し物も?イタリア・プッリア州のお値打ちワイン

イタリア留学経験もあり、イタリア語講師として多数の著作がある京藤好男さん。イタリアの食文化にも造詣が深い京藤さんが在住していたヴェネツィアをはじめイタリアの美味しいものや家飲み事情について綴る連載コラム。今回はイタリアに根付いたブドウ品種のお話です。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:今なら掘り出し物も?イタリア・プッリア州のお値打ちワイン

脇役から主役になったセリエAのスター

新しいワインは今も生まれている。だが、その誕生にはちょっとした奇跡が必要なときもある。「適材適所」という言葉は、もしかするとその「奇跡」を解明するヒントかもしれない。頭ではわかっていても、実践するのは大変難しい言葉だ。人であれ、物であれ、そしてワインであれ、「適所」を見つけるには、その「素材」の本質を見抜き、深く精通している必要があるからだ。だが一度「適所」を得たとき、その人は、あるいはそのワインは、魔法にかかる。

ちょっと話が逸れるようだが、その言葉を聞くと思い出すスポーツ選手がいる。サッカーのアンドレア・ピルロだ。私が彼のプレーを初めて目にしたのは、ヴェネツィアに留学中の1996/1997年シーズンのこと。当時セリエBのブレシアというチームにいて、ヴェネツィアと対戦した。その時、印象的だったのが、相手の意表をつき、守備陣をゆさぶるような彼のパスだ。彼にボールが入ると誰もが固唾を飲み、パスを出すたびスタンドが沸く。一緒に行ったサッカーに詳しい友人が「彼はまだ17歳。きっとビッグ・クラブに行くよ」と熱く語った。その言葉通り、1998年にはミラノの強豪インテルへ移籍する。だが、そこから彼の低迷が始まる。

インテルでは出場機会を得られず、しばらくレンタル移籍に出される。レッジーナ、ブレシアなど地方小クラブを渡り歩き、その才能が開花するのはようやく2001年。ミラノのもう一つの強豪ACミランが彼を獲得し、そこで「適所」を得たのである。

彼は元々「トップ下」という、フォワード寄りの攻撃的なポジションの選手。しかしそこは激しいマークを受けるポジションでもあり、体格の良い相手に「当たり負け」をしていた。テクニックは一流だが、フィジカルが弱い。だがそのパス能力は活かしたい。そこで行われたのが、守備的ミッドフィルダーへのコンバートだった。トップ下に比べれば肉体面の負担の少ない「中盤の底」に位置してゲームの起点となる役割である。

だがそれは、攻撃に絡んでいた選手にとっては、格落ちの配置転換とも言える。ところが、彼はそれを受け入れ、それどころか「守備的な位置から決定的なパスを出す」という、これまでにない攻撃スタイルを展開し、イタリア・サッカーに新たな展望をもたらした。それが彼には「適所」だったのだ。そんな活躍から、やがて代表チームにも召集、2006年のW杯では不動のレギュラーとしてイタリアを世界一に導いた。
 
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3