日本酒選びの道しるべ。あなた好みの日本酒と出会う方法教えます。

日本酒と発酵フレンチのお店「SAKE Scene〼福」を経営する簗塲友何里(やなば ゆかり)さんのお酒コラム。今回は、自分の好みにぴったりな日本酒と出会う方法です。

ライター:簗場友何里簗場友何里
メインビジュアル:日本酒選びの道しるべ。あなた好みの日本酒と出会う方法教えます。

日本酒の味わいは色々

あなたは、どんな味わいの日本酒がお好みですか? 日本酒の味わいも様々、全ての日本酒の味がお好きな方は、なかなかいないと思います。人それぞれ好みがあると同時に、飲食店にも、酒屋さんにも、すすめてくれる友人にも、それぞれの得意な日本酒の分野や好みがあります。

現在、日本酒の蔵は全国で約1500蔵あります。仮にそれぞれの蔵が20種類くらい日本酒を造っているとしたら、単純計算でも毎年30,000種類くらいの日本酒が世の中に出回っていることになります。その中から今夜飲む1本を探すなんて、大変な技です!試飲もしないでそんな奇跡の1本に出会うなんて、無理無理!と思われる方も多いかと思います。

そこで今回は、自分の好みに合った日本酒を選ぶヒントをお伝えします。日本酒選びの道しるべにして頂ければ幸いです。

「スッキリみずみずしい感じ」が好きな方は?

日本酒の中でも、フレッシュでスッキリみずみずしい感じがお好みの方には、こんな道しるべは如何でしょう?
・新酒を選ぶ
前回のコラムで、お伝えしたとおり、搾りたての日本酒は爽やかでハーブを感じるタイプが多いです。瓶のラベルや、酒屋さんのPOPの「しぼりたて」「新酒」「初しぼり」といった表記が目印です。

・精米歩合の%が低いお酒を選ぶ
精米歩合とは、お酒を作る時に原料のお米を削って、どれぐらい残したかを示すものです。このパーセンテージが低ければ低いほど、雑味のないすっきりとした味わいになりやすくなります。瓶のラベルに「精米歩合」として、パーセンテージや割合で表記されているお酒も多いので、目印になります。

・日本酒度がプラスのものを選ぶ
瓶のラベルに「日本酒度」が表記されているお酒も結構あります。この日本酒度は日本酒度計という比重を測る計器を酒に浮かべて測った値で、+なら辛口、―だと甘口です。スッキリした味わいがお好みなら、+の辛口を選んでみましょう。人間の舌が日本酒の味をどう感じるかは、酸味や旨味、甘味などのバランスで異なりますが、一つの目安にはなります。

・東日本の蔵のお酒を選ぶ
日本全国に日本酒の蔵はありますが、ざっくり東西で考えると、東寄りのお酒は、綺麗めの爽やかな感じが比較的多いです。東北各県や、長野、新潟あたりの蔵から選んでみてはいかがでしょう。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!