秋になったら絶対に飲みたい日本酒「ひやおろし」

日本酒と発酵フレンチのお店「SAKE Scene〼福」を経営する日本酒ラヴァー、簗塲友何里(やなば ゆかり)さん。家で飲む日本酒の魅力と楽しみ方を、ゆるりと綴っていただきます。今回は、秋限定ででまわる日本酒「ひやおろし」の楽しみ。

ライター:簗塲友何里簗塲友何里
メインビジュアル:秋になったら絶対に飲みたい日本酒「ひやおろし」

ひやおろしって何でしょう?

待ってました! 日本酒の味わいが引き立つ良い季節、秋の到来です! 収穫の秋には、日本酒にぴったりの食材がたくさん出回ります。そんなごちそうに合わせたくなるのが、円熟な旨味が口内で広がるおいしいお酒「ひやおろし」です。

ひやおろしとは、冬から春に出来上がったお酒に一回火入れをして発酵を止め、涼しい蔵に貯蔵してひと夏をかけて熟成させたお酒。蔵の中の温度と外の気温が同じぐらいになる秋に、火入れをせずそのまま出荷する日本酒のこと。出荷直前の火入れをせず「冷や」のまま樽に「卸して」出荷したことから「ひやおろし」と呼ばれたそうです。日本酒ファンは、秋の風物詩、このひやおろしが待ち遠しくてたまらないのです。

夏を越す大切さ

秋に各蔵元から出荷されるひやおろしは、ラベルからも秋を感じさせる、温かみのある色合いが多いです。紅葉や月見、ススキなどなど、各蔵で日本の秋をイメージしてデザインされ、酒屋さんの店頭を彩ります。この「季節を感じられるお酒」というのも、世界中探してみても日本酒だけではないでしょうか?

ひやおろしは、蔵でゆっくり貯蔵される間に、アルコール分子のまわりを水の分子が取り囲み、アルコールの刺激を和らげます。そのため、丸く濃醇な味わいになります。また、温度が高いほど熟成が進むので、暑い夏を蔵で過ごすことでしっかりと熟成されるのです。

そして、落ち着いた濃醇なひやおろしこそ、冷や(常温)からお燗の温度帯で飲むにはぴったりです。特にお燗では、温度を上げることで、ふわっと味わいが丸くなり、心地良い旨味が広がります。
  • 1現在のページ
  • 2