台湾で日本酒が人気沸騰!「純酒展2018」に行ってきました

日本酒と発酵フレンチのお店「SAKE Scene〼福」を経営する簗塲友何里(やなば ゆかり)さんのお酒コラム。今回は、台湾での日本酒ブームをリポート。

ライター:簗場友何里簗場友何里
メインビジュアル:台湾で日本酒が人気沸騰!「純酒展2018」に行ってきました

海外で日本酒ブーム!

私の経営する日本酒と発酵フレンチのマリアージュのレストランSAKE Scene 〼福は、日本語が得意ではない外国人旅行者にも優しいのがモットー。日本酒の好きな外国のお客様が多くいらっしゃいます。そして、外国人のお客様の中には、かなり日本酒ツウの方も。実際、レアな日本酒を飲み、味わい、お燗を堪能するために日本に訪れる方々は、かなりの日本酒ファンです。

でも、現地の人々はどうなのか?こちらから現地に出向いてみれば、学ぶことがたくさんあるはず!ということで、台湾でのお酒の展示会を見に行ってみました。

やって来たのは、台北【純酒展2018】

やって来たのは、台北【純酒展2018】
台湾では、数年前から徐々に日本酒の認知度も上がり、毎年日本酒の展示会が開催されています。今回訪れた「純酒展」は、台湾でもっとも大きな総合的な酒の展示会。台北のシンボル台北101の隣り、外資系ホテルが立ち並ぶ、台北の中心地にて開催されました。ワインや焼酎も一緒の展示会ですが、日本酒のブースもたくさん出展しています。さっそく日本酒調査です。

日本酒のブースは大盛況です。

入口に入ってすぐのスペースが、日本酒のブースが立ち並ぶエリアでした。日本酒を輸入している台湾の輸入社のブースがずらり。なかなかまっすぐは歩けない程の大盛況です。
まずは、友人の台湾人の輸入会社のブースに行ってみました。日本からわざわざ輸入した日本酒が、ところせましと並んでいます。
日本からわざわざ輸入した日本酒が、ところせましと並んでいます。
まさに日本国内の日本酒イベントのようですが、いえいえここは台湾です。台湾人が日本酒に興味を持ち、旅費をかけて日本に買い付けに来て、言葉の壁を越えて商談して、通関して輸送したかけがえのない日本酒達です。その光景を見るだけでも、日本酒を世界へ広めようと奮闘している者にとっては、感動の光景でした。日本人として、何だかすごく嬉しい!

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!