梅雨は梅酒で乗りきろう〈老けない人は何を飲んでいる? ⑮〉

天候不順でカラダの調子も悪くなりがちなこの季節。日本の伝統飲料「梅酒」を試してみてはいかがでしょう。

メインビジュアル:梅雨は梅酒で乗りきろう〈老けない人は何を飲んでいる? ⑮〉

古くから薬用酒として親しまれてきた梅酒

梅の熟す時期の雨という語源がある梅雨。梅雨どきは湿度が高くジメジメしているため、「なんとなくだるい」「すっきりしない」など不調を感じる人も多いと思います。

そんな梅雨時の鬱陶しさを吹き飛ばすのにもってこいの飲料が梅酒です。梅の実が旬のこの時期、ご自宅で梅酒を漬け込む方も多いのではないでしょうか。

梅酒は、古くは江戸時代から「痰ヲ消シ、渇ヲ止メ、食ヲ推メ、毒ヲ消シ」として薬用酒として親しまれてきました。

梅酒には、体にとって大切なミネラル成分のカリウム、カルシウム、マグネシウムが含まれています。カリウムは血圧の上昇を抑える働きがあり、カルシウムやマグネシウムは骨の健康維持に働く重要な栄養素です。

また梅酒の酸味が食欲を刺激します。酸味のもとであるクエン酸やリンゴ酸などの有機酸は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを体内へ吸収しやすくします。他にも、梅酒の酸味で、唾液の分泌、胃腸の働きが活発になり、消化吸収が高まります。

さらに、口に広がるまろやかで芳醇な香りが、アロマテラピー効果をもたらします。若いフレッシュな梅に多い芳香成分『ベンズアルデヒド』によって大脳からアルファ波が出て、イライラした気持ちをリラックスさせる効果があるとされています。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!