これからの人生で、自分好みのワインと出会うために<お酒のたしなみ入門②>

渋谷のワインバー bar bossa店主・林伸次さんが綴る連載コラム。第2回目のテーマは、「好きなワインを見つける方法」について。

ライター:林 伸次林 伸次
メインビジュアル:これからの人生で、自分好みのワインと出会うために<お酒のたしなみ入門②>
僕が働いている、bar bossaはワインがメインなのですが、たまに「辛口の赤ワインをください」という注文を受けます。

日本語の「辛口」って意味が2種類ありまして、「香辛料等で味付けしたカレーや担々麺のようなホットでスパイシーな辛さ」と「塩味が強い、醤油や味噌のような塩が多く含まれている辛さ」です。

赤ワインでそういう味はないですよね。この「辛口の赤ワイン」というのは「日本酒の表現」から借りているんです。日本酒で辛口と言えば、「甘くないこと」という意味です。お客様が注文するところの「辛口の赤ワイン」というのは、「甘くない赤ワイン」ということなんです。

さて、ここで僕たち「ワインを扱う人間」は想像します。「甘くない赤ワインということは、フルボディでしっかりしているボルドーのようなワインなんだろうか、それとも酸味があって軽やかなブルゴーニュのようなワインなんだろうか」と悩みます。そしてこれ、お客様の好みによるんです。

それで、出来れば、「辛口の赤ワインをください」と言わずに、「フルボディのしっかりした赤ワインを」とか「酸味があって、タンニンの少ない赤ワインを」とかって注文していただきたいんです。

何か面倒くさい感じですか? ワインって近づきたくない感じですか?

世界中で晩餐会と言えば、フランス料理が出てきて、みんなシャンパーニュで乾杯して料理にワインをあわせます。あなたの人生のうち、晩餐会に出る機会はないかもしれないですが、ちょっとしたパーティーや食事会で、ワインが普通に出てくる機会はたくさんあるでしょう。 ちょっとしたことを覚えると、ワインって難しくありません。今回はそんな話をいたします。
 
バーボッサ店内
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!