【マウントレーニア】25周年記念|マイスターズラテ抽選で50,000名様にプレゼント|ご参加ありがとうございました。終了しました

お酒がもっと深く好きになる検定&資格ガイド <ビール編>

秋の夜長は、勉強するにも絶好のチャンス! 検定や資格などの目標があれば、やる気もアップしそうです。

メインビジュアル:お酒がもっと深く好きになる検定&資格ガイド <ビール編>
ふだん何気なく「美味しいなー」と思いながら飲んでいるお酒。もう一歩踏み込んで、なぜ美味しく感じるのか、どうやって造られているのか、といったお酒の知識を深めてみませんか? そうすれば美味しさが何倍にも広がるだけでなく、これまでに体験したことのない新しい味わい方を発見したり、自分以外の誰かにも美味しさを提案することができるようになります。
お酒の検定や資格は、そうした知識の深さをはかる指標です。
今回は、ビールにまつわる検定や資格をご紹介。自分のレベルや目的に合ったものを見つけたら、早速ビール片手(?)にレッツ・スタディ!
 

そもそも「検定」と「資格」の違いとは?

「検定」とは、ある特定の知識や能力をその人がどれくらいもっているかを検査することです。資格と異なり、合格することで何らかの免許や肩書等が与えられるわけではありません。 ビールの検定では、受講必須なカリキュラムがあるわけではなく自分なりのペースで勉強し受検できるので、たんに腕試しがしたいのであれば資格取得より気軽だと言えます。

「資格」は、試験に合格することである特定の機関から免許や肩書が与えられます。ですので、仕事や業務に役立てたいと思っている方は資格取得のほうが有利かもしれません。 ビールの資格の場合、必須カリキュラムを受講して初めて、受験資格が与えられます。その分検定に比べると費用がかかります。
 

ビールにまつわる「検定」

ビールの検定イメージ

 

日本ビール検定|日本ビール文化研究会

Q. どんな検定?
A. 通称「びあけん」。100点満点で、ビール1年分のご褒美も!

「日本ビール文化研究会」が主催する検定で、出題レベル別に3級から1級まであります。 日本のビールの歴史・原料・種類などの基礎から、美味しく飲むための方法・うんちくなど「ビールにまつわる様々な知識を深めて、ビールをもっと好きになろう!」ということを目的としています。3級から1級を通して100点満点を達成したら、ご褒美としてビール1年分プレゼントもあるそう!

Q. どこで受けられるの? 費用は?
A. 全国5都市で実施。レベルごとに4,600~7,200円かかります

検定は毎年1回開催され、「日本ビール文化研究所」の公式HPで申し込みできます。
札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の5都市の指定会場で実施されます。
通常検定料は、3級・4600円、2級・5150円、1級・7200円(1級は2級の合格が受検資格となります)。

Q. どんな問題が出るの?
A. 基本は「日本ビール検定」の公式テキストから出題

3級
原料や基本的な製法・スタイル、ビールの日本史、ビールの味わいを中心に、マークシート形式で出題。「日本ビール検定」の公式テキストを学習しておけば合格可能なレベル。

2級
ビールの文化・歴史を語ることができ、ビール通になりたい人を対象とした中級レベル。公式テキストを深く学習、理解すれば合格可能とか。また、主要な輸入ビール・国内クラフトビールの話題からも数問出題。こちらもマークシート形式。

<3級・2級の模擬問題>
1040年に創立された、現存する世界最古のビール醸造所の名称を、次の選択肢より選べ。
(1)エルディンガー醸造所 (2)シェッファーホッファー醸造所 (3)ヴァイエンシュテファン醸造所 (4)ヴァルシュタイナー醸造所
正解:(3)ヴァイエンシュテファン醸造所

1級
ビールに関する広範囲な知識をもち、自らビール文化を発信できる愛好者の頂点を目指す人を対象とした上級レベル。公式テキストからの出題の他、ビールに関するうんちくや時事情報等、幅広い範囲から出題。マークシート選択問題と記述・論述問題があります。
<1級の模擬問題>
明治時代、日本麦酒の社長を務め、日本初のビヤホールを銀座にオープンさせるなど経営手腕を発揮した人物で、後年「東洋のビール王」とも呼ばれた人物名を答えよ。
正解:馬越恭平

Q. 気になる難易度は?
A. 3級の合格率は80%以上、1級になると5%未満

過去の受検者データで合格率をみると、3級は84~95.3%、2級は30.9~49.8%、1級は4.2~4.7%。1級合格はかなり狭き門のようです。

Q. 何を参考に勉強すればよい?
A. 公式テキストや過去問題集が用意されています


『日本ビール検定 公式テキスト』
定価:1500円(税別) 発行:マイナビ出版

 
『日本ビール検定 公式過去問題集<2018年度版>2級・1級』
販売価格 : 1,944 円(税・配送手数料込)  発行:般社団法人 日本ビール文化研究会


より詳しい内容は、「日本ビール文化研究会」の公式HPでチェック!

 

ビール検定|ビア&スピリッツアドバイザー協会(BSA)

Q. どんな検定?
A. 「会場検定」のほかに、気軽に腕試しできる「ネット検定」も!

ビールの魅力を知ってもらう機会を提供しビールをもっと楽しんでもらうことを目的として、「ビア&スピリッツアドバイザー協会(BSA)」が主催しています。出題レベル別に3級~1級まで実施。ビールの歴史や文化、製造方法、楽しみ方、雑学だけでなく、飲酒のモラルやマナーを問う設問も出題されます。
各都市の会場に赴いて受検する「会場検定」のほか、協会の公式HP上でいつでも無料で受検できる「ネット検定(初級~上級)」もあるため気軽に腕試ししたい人にもおすすめです。

Q. どこで受けられるの? 費用は?
A. 全国7都道府県で開催。検定料はレベルごとに3,650~5,250円

「会場検定」は年に1回、札幌、仙台、東京、大阪、京都、広島、福岡の7都道府県8会場で実施されます。
申し込みは、協会の公式HPから行います。
検定料は、3級・3650円、2級・4200円、1級・5250円(1級は2級合格者、2級は3級合格者のみ受検可能)。

Q. どんな問題が出るの?
A. 3~1級まで、すべてマークシート形式で出題

3級
ビールの基礎知識、周辺知識のみならず、特徴、魅力を理解し第三者に伝えられるかどうかが試されます。
<過去問題>
1620年、英国からアメリカ大陸に初めてビールを運んだ船は何か?
(1)メイフラワー号 (2)タイタニック号 (3)オアシス・オブ・ザ・シーズ号 (4)クイーン・エリザベス号
正解:(1)メイフラワー号

2級
ビールの特徴、魅力を理解したうえで、新たな楽しみ方を考案できるかどうかがポイントです。
<過去問題>
パナシェとはビールと何を混ぜたカクテルの名称であるか?
(1)レモネード (2)グレープフルーツジュース (3)パイナップルジュース (4)オレンジジュース
正解:(1)レモネード

1級
ビールのあらゆることに精通し、後世へ適切に継承発展を行える人を対象とした上級レベルの問題です。
<過去問題>
一般的に「淡色ビール醸造に適する水質/濃色ビール醸造に適する水質」の組み合わせで適切なものはどれか?
(1)アルカリ/酸性 (2)硬/軟 (3)酸性/アルカリ (4)軟/硬 
正解:(4)軟/硬

Q. 気になる難易度は?
A. 3級の場合は、7割以上の正解数で合格!

合格基準となる正解数は、3級が全問題の70%以上、2級が全問題の75%以上、1級が全問題の85%以上となっています。

Q. 何を参考に勉強すればよい?
A. まずは、協会の公式テキストで勉強しましょう!


『ビールの基』
一般価格:3240円 発行:NPO法人FBO


より詳しい内容は、「ビア&スピリッツアドバイザー協会(BSA)」の公式HPでチェック!

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

サラダスムージーでマルチな「腸活」みんなの腸活レポート大公開!詳しくはこちら