沖縄の達人が選ぶ! おすすめ泡盛・古酒とローカルおつまみ

泡盛造りの経験をもち、現在は「銀座わしたショップ本店」で泡盛売り場を担当している方に、おすすめの銘柄と、それに合う沖縄ならではのテッパンおつまみを教えてもらいました!

メインビジュアル:沖縄の達人が選ぶ! おすすめ泡盛・古酒とローカルおつまみ
泡盛の取材で訪れた、沖縄のあらゆる物産を揃える「銀座わしたショップ本店」。せっかくなら、美味しい泡盛を持って帰って飲んでみたい! ということで、沖縄で約6年間泡盛造りに携わった経験ももつチーフマネージャーの藤原直樹さんに、おすすめ泡盛と、泡盛に合うテッパン沖縄つまみを教えてもらいました!


 

■元造り手が選ぶ! おすすめ泡盛&古酒


残波プレミアム30度|比嘉酒造

内容量:720ml
価格:1998円(税込み)

「『残波』は琉球泡盛を代表する銘柄の一つで、これは一般酒(3年未満の泡盛)に5年物の古酒をブレンドしたものです。誰が飲んでも『美味しい』と思えるお酒で、実際沖縄でも良く売れているようですし、当店でも人気。泡盛ビギナーの方にとっかかりとしておすすめしたい一本です」
 


命ぐすい海乃邦10年|沖縄県酒造協同組合

内容量:720ml
価格:3873円(税込み)

「『命ぐすい』というのは、沖縄の方言で『命のくすり』という意味です。泡盛鑑評会で県知事賞を受賞したこともあるお墨付きで、当店でも売れています。10年物の古酒で味わいはまろやか。古酒入門としておすすめの銘柄です」
 


主 五年古酒|ヘリオス酒造(※「銀座わしたショップ本店」限定)

内容量:360ml
価格:1566円(税込み)

「昔ながらの甕貯蔵で造られた5年物の古酒です。もともと『主』は飲食店用で、店頭販売をしていないお酒なのですが、酒造メーカーに掛け合って『銀座わしたショップ本店』のオリジナル商品として作ってもらったのがこれ。泡盛にうるさい方にも満足いただける1本だと思います」



カリー春雨スペシャル30度|宮里酒造

内容量:720ml
価格:2509円(税込み)

「『カリー』というのは、沖縄の方言で『乾杯』の掛け声。宮里酒造はブレンドのうまさで勝負する酒蔵として有名で、10人が飲むと10通りの感想が出るような面白いお酒を造っています。私も元造り手として、この蔵の杜氏さんをとても尊敬しています。次の世代を背負って立つ酒蔵の1つだと思います」

 

忠孝よっかこうじ|忠孝酒造

内容量:720ml
価格:1674円(税込み)

「個人的に今一番気に入っているのがこれ。泡盛は麹を2日寝かせて造るのが普通なのですが、これは名前の通り4日寝かせて造ったというとても手間のかかったもの。『甘い』、『辛い』、『濃い』などいろんなお酒の要素がすべて詰まったような複雑な味で、どんな飲み方でもイケるんです。私はシークワーサーの果汁を凍らせたのを入れて飲むのが好きです」



ゆずシークヮーサー|請福酒造

内容量:720ml
価格:1440円(税込み)

「お酒があまり得意じゃない方にもおすすめできる、ゆずとシークワーサーを使った泡盛ベースのリキュールです。『ふるふる』とラベルに書いてあるように、ボトルの下に果肉がたっぷりたまっています。さっぱり飲みやすくて、とても美味しいですよ!」

 

■泡盛・古酒に合う! テッパン沖縄おつまみ


ポルトギュー

ポルトギュー(表)
ポルトギュー盛り付け
価格:237円(税込み)
「ぴりっと辛いソーセージなんですが、これが泡盛にめちゃくちゃ合う! レンジでチンするのがおすすめの食べ方です」

 

チラガースモーク

チラガースモーク
チラガースモーク盛り付け
価格:362円(税込み)
「チラガーというのは豚の顔の皮のことで、これぞ沖縄のおつまみ! 燻製の香りがついていて、お酒好きにはたまらない味です」

 

ユーちゃん珍味シリーズ 砂肝ジャーキー

砂肝ジャーキー
砂肝ジャーキー盛り付け
価格:149円(税込み)
「沖縄にはジャーキー系のおつまみはたくさんありますが、なかでも個人的におすすめなのがこれ。噛み応えがあってビールにも合います」

 

 勝つお豆/島唐辛子風味

かつお豆
かつお豆盛り付け
価格:203円(税込み)
「豆菓子なんですけど、まわりの衣に鰹節の粉末が練り込んであって、食べ始めるととまらなくなってヤバイです…」

 

塩小亀

塩小亀
塩小亀盛り付け
価格:178円(税込み)
「おじいやおばあも大好きな、昔ながらのローカルスナック。程よい塩気の素朴な味で、おやつにもぴったりです」

 

さっそく沖縄飲みをやってみた!

沖縄飲み
藤原さんがおすすめしてくれた「残波プレミアム30度」とローカルおつまみを持ち帰って、さっそく編集部メンバーで沖縄飲みを開催!

「残波プレミアム」はプロのお墨付き通り、すごく飲みやすい! クセがなく洗練された味で、「ロックですいすいイケる~」と編集部でも大変好評でした。地元で流行っているというコーヒー割りも試してみましたが、コーヒーの香ばしさがぐっと引き立って美味しー! この夏、ハマりそうです。


泡盛にベストマッチなおつまみとしては、「勝つお豆」が人気No.1。程よいかつおの風味が上品な味わいの「残波プレミアム」に合って、ポリポリ止まらなくなります。若手メンバーには、しっかりピリ辛味のソーセージ「ポルトギュー」も好評でした。

水割り、炭酸割り、ジュース割り、甘酒割り…などなど、自分の好き勝手に飲めるのが泡盛の良いところ! 皆さまもぜひ、お気に入りの泡盛とローカルおつまみで、沖縄飲みを楽しんでみてください!

 

この方にお聞きしました!

「銀座わしたショップ本店」藤原直樹さん

秋田県生まれ。ブラジル留学後、沖縄県名護市の酒造メーカーで約6年間泡盛造りに携わる。その経験を生かし、現在は「銀座わしたショップ本店」でチーフマネージャーとして泡盛売り場を担当。造り手の思いを伝えながら、お客様の泡盛選びをサポートしている。

「銀座わしたショップ本店」藤原直樹さん
「銀座わしたショップ本店」の公式HP
「わしたショップ」のFacebook

※記事の情報は2019年6月13日時点のものです。

▼この記事もおすすめ!
  • 1現在のページ