お花見に使える!ピクニックの達人に教わる「100均」活用術

いつものお花見を、もっとオシャレにしたい! ひと工夫でいつものお花見が楽しくなる「しつらえ」をピクニックの専門家に教わってきました。今年のお花見を、オシャレ和風にしつらえてみませんか。

ライター:まるまる
メインビジュアル:お花見に使える!ピクニックの達人に教わる「100均」活用術

教えてくれたのはこの人

太田浩史さん(建築家)

オシャレなお花見の秘訣を教えてくれたのは「東京ピクニッククラブ」を共同主宰する、建築家の太田浩史さんです。東京ピクニッククラブは2002年に、ロンドンのPic-Nic Club誕生200年を記念して発足した団体。世界各地でピクニックイベントを開催するなど、ピクニックの楽しみ方やピクニックのできる都市のあり方などを提案し続けています。

太田浩史さん(建築家)

太田さんは、昨年は一流の工芸品とピクニックを融合させるイベントなども手がけられています。そんな太田さんですが、今回は編集部が特別にお願いして、100円ショップも最大限に活用してリーズナブルに実現する和風花見を提案してもらいました。買いそろえた花見用具一式を持って太田さんと一緒に来たのは東京都内の某公園。公園に着くなり、さっそく太田さんはテキパキと花見の準備をはじめます。

「100年ほど前に欧米でピクニックの道具『ピクニック・セット』が生まれて発展しますが、そのルーツは日本の『花見重』ではないかとも言われているんです。花見や、野山で食事を楽しむ『野弁当』の文化がある日本は、実はピクニックの先進国。いま欧米では、公園などでお酒を飲むことが厳しく規制されています。日本が戸外のお酒に寛容なのは、お花見文化があってこそだと思います。最近では、お花見が目的で海外から日本に来る観光客もたくさんいます。私たちも、日本古来のピクニック『お花見』の文化を楽しみながら継承していきたいものです。今回は、100円ショップも活用して、和風お花見のしつらえを揃えてみることにしました」(太田さん)
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3