〈ファミマのバターコーヒー〉商品開発の要、ドトールコーヒーの皆さんにインタビューしました。

ベストセラー「最強の食事」で話題のバターコーヒーを、いつでも手軽に飲めるように開発されたファミリーマートのバターコーヒー。その商品化までの道のりは山あり谷ありでした。コーヒーとバターを合わせて商品として仕上げる工程を担当した、株式会社ドトールコーヒーのご担当者に、開発秘話のお話をうかがいました。

メインビジュアル:〈ファミマのバターコーヒー〉商品開発の要、ドトールコーヒーの皆さんにインタビューしました。

この記事をシェアしよう!

目次

「おそらくできないでしょう」が出発点、バターコーヒーの開発。

「おそらくできないでしょう」が出発点、バターコーヒーの開発。

─ ─ バターコーヒーの開発はどのようなきっかけでドトールコーヒーさんに持ち込まれて、どのように始まったのでしょうか。

後藤 
私はファミリーマートコレクションを始めとする様々な商品の営業窓口として、ファミリーマートさんと長くお付き合いいただいております。その過程で、このバターコーヒーについても、ドトールコーヒーでできないかというお話をいただいて、それを受けて弊社の開発部隊に打診したのが、1年以上前のことです。そのときは、社内で検討して、お店で飲んでいただくのならともかく、コンビニエンスストアに並べるパッケージ商品としてはおそらくできないでしょう、という回答をしました。


─ ─ なぜそのように回答されたのですか。

後藤 
もともと、弊社でもバターコーヒーというものの話題には注目していたんです。でも、弊社の商品ラインナップはお客様に安心して買っていただけることが第一のブランドです。先取りしてブームを作るということはあまりなかったので、一般的にあまり認知されていないものはハードルが高いと感じました。トレンドに敏感な人は「あ、バターコーヒーってあれね」って結びつくとは思うのですが、何も知らない人が「バターコーヒー」って聞くと、どういう印象を受けるでしょうか。弊社の商品は幅広い年齢層に飲んでいただいていますので、バターコーヒーという商品は正直どうかな、と懐疑的になっていたことは確かです。

リテール営業部 チルド課 後藤佳奈さん
リテール営業部 チルド課 後藤佳奈さん

松野 バターコーヒーというものにどのぐらいの認知度があって、飲まれているか。それがわからないなかで、ファミリーマートさんの広い販路に並べる。その結果、お客様にどれだけ買っていただけるのか全く予測できませんでした。そもそも飲料では、オイルを使う商品は非常に難しいといわれています。商品イメージや、品質の安定性の面で、もともと課題のある領域です。最初の段階ではそうした感度でお話をしていました。

森田 実際、MCTオイルは結構前から興味があって、何か商品にできないかというお話もあったし、「最強の食事」が話題になったときに、我々も通販でグラスフェッドバターを買ってみて、本に書かれているレシピで試作してみたことがあったんです。なるほど、でも、これをお客様に分かりやすく伝えられるのは、難しいなと思っていました。

後藤 それから、原料の確保。弊社はコーヒー原料は手配できますが、グラスフェッドバターやMCTオイルはどこから仕入れればいいのか、経験がありませんでした。さらに、コーヒーとオイルを乳化させて安定化させる技術についても未知数な点があったので、商品化は難しいと考えたんです。


─ ─ そうした状態から開発スタートに到るには、どういうきっかけがあったのでしょうか。

後藤 
グラスフェッドバターやMCTオイルを含む原料は不二製油さんに開発していただき、弊社に納入していただけるという話になったので、それだったらその原料を使って、配合量やコーヒー豆の選定はこちらでできるかもしれません、と開発が現実味を帯びてきました。それが5月、初夏ぐらいのことです。サンプルも作りはじめました。乳化剤の選定はちょっと難しい部分はありましたが、弊社で担当しました。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!