いまあちこちで話題の「バターコーヒー」とは何か? 一旦まとめてみた。

いま「バターコーヒー」のうわさを聞くことが多くなりました。ネット上ではダイエットにいいとか元気になるとか、いろんなことが語られ、多くの有名人もバターコーヒーのファンであることを打ち明けています。あちらこちらで話題のバターコーヒーとは一体なんなのか。誰が言い出して、どういう経緯で流行っているのか、一旦まとめてみました。

メインビジュアル:いまあちこちで話題の「バターコーヒー」とは何か? 一旦まとめてみた。

チベットの「バター茶」がルーツ

チベットの「バター茶」がルーツ
バターコーヒーのルーツが、チベットで古くから飲まれているバター茶であることはまちがいないでしょう。チベットで撮影したテレビ番組などでもよく出てきます。バター茶(現地語で「プージャ」)はチベットの人にはなくてはならない飲みもので、黒茶にヤクの乳から作ったギー(バターの水分やタンパク質を除いた純粋な乳脂肪)と岩塩を加え「ドンモ」と呼ばれる専用の大きな撹拌器で混ぜたもの。チベットではお茶は貴重品なのでごく薄く淹れます。代わりにギーと塩が効いているので濃厚でしょっぱく、お茶というよりはスープのようなものらしいです。で、現地の人はこれを一日に10杯ぐらい飲む。飲む人はもっと飲む。外国人がチベットを訪れると、おもてなしとして何杯も奨められるそうです。

それで、外国からチベットを訪れた人たちのなかに、チベット人の皆さんはあまり食材事情も良さそうでないのになんでこんなに元気なんだろう、ラサ(首都)の標高も3700メートルあって、標高5000メートル以上の村にも平気で人が住んでいて、この人たちはなぜこんなに寒さに強く高山病にもならないのだろうと考えて、もしかしたらやたらと飲んでるこのバター茶っていうのがいいんじゃないの? と考える人が出ても不思議はないわけです。
 

「完全無欠コーヒー」の誕生

「完全無欠コーヒー」の誕生
チベットのバター茶に感銘を受けた人のなかに、アメリカ人のデイヴ・アスプリー氏がいました。シリコンバレーでIT企業家として成功していたアスプリー氏ですが、体重が140kgあって、その重過ぎる体重ゆえにさまざまな体調不良を起し、いつも気分が思わしくなく、悩んでいたそうです。いろんなダイエット法や健康法を試しまくって少し体重を落としてはそれ以上にリバウンドというのを繰りかえしていた氏が、チベットを訪れたのは2004年。標高5580メートル、気温零下23度の村にあるゲストハウスに到着し、一杯のバター茶をふるまわれて生き返ったような心地になり、これが「完全無欠コーヒー」(Bulletproof Coffee)誕生のきっかけになったそうです。

アメリカに帰国したアスプリー氏がいろいろなバターを試してみて、たどりついた結論が「グラスフェッドバター」(牧草飼育のバター)がいいということ。そして、「カビ毒の少ない良いコーヒー」にこのバターを加え、さらに以前から健康的だからと注目していたココナッツオイル等から抽出された「MCTオイル」も追加してしっかりと撹拌したら、最高にクリーミーで美味しかったこと。そしてこのコーヒーを飲むと、「脳が復活し、食物への渇望から解放」され、氏は人生のあらゆる分野で成功しはじめたのだそうです。

〈完全無欠コーヒーの作りかた〉

作り方

  • コーヒーを淹れる。金属フィルターでコーヒーオイルも抽出する
  • グラスフェッドバターとMCTオイルを加える。砂糖やミルクは加えない
  • ブレンダーを使ってしっかり撹拌する
*グラスフェッドバターの代わりに良質の無塩バター、MCTオイルの代わりにココナッツオイルを使用したコーヒーを、アスプリー氏は単に「バターコーヒー」と呼び、それでも良い、としています。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!