チーズと日本酒の至福のマリアージュ! ツウ好みの最新セレクト

チーズブームは、まだまだ盛り上がっているようです。近ごろではチーズの専門店も増えてきて、世界中の珍しいチーズが手軽に食べられるようになってきましたね。チーズといえばワインが定番ですが、イエノミスタイルがお勧めしたいのはチーズと日本酒のマリアージュ。チーズとお酒の専門家に、日本酒にあうチーズ、そしてチーズに合う日本酒のことを教わってきました。みなさんも、ぜひお試しください。

ライター:まるまる
メインビジュアル:チーズと日本酒の至福のマリアージュ! ツウ好みの最新セレクト

チーズにいちばん合わせやすいお酒は、実は日本酒

名古屋市千種区の「内山三丁目チーズバー」は珍しいチーズ、新しいチーズを発掘・用意して私たちを楽しませてくれるチーズとお酒の店。チーズと日本酒の相性の良さについては、マスターの杉浦忍さんもかねてから注目していたそうです。
「内山三丁目チーズバー」マスターの杉浦忍さん
「ウチでは、味わったことのないチーズが入ってきたら、どんな飲み物に合うのか、さまざまな種類の酒と合わせて試してみることにしています。スパークリングワイン、白、赤、ロゼ、デザートワイン、ビール、日本酒といった酒のなかで、いちばん万能なのが実は日本酒だったりするんですね。ワインだと、このチーズは赤だな、このチーズは白にしか合わないな、というのがあるんですが、日本酒に関しては、どれもハマってくるものが多いんです。ワインを飲みたいお客さまに日本酒をお勧めすることはなかなかできないものの、先にこのチーズが食べたいという希望で来店されるお客さまには、日本酒も積極的にご提案しています」(杉浦さん)

それでは、そんな杉浦さんのセレクトによる、チーズと日本酒、珠玉の組み合わせをご紹介します。
 

長期熟成コンテと純米古酒

長期熟成コンテと純米古酒
「これはウチの定番チーズ、コンテ30ヶ月熟成です。通常デパートなどで買えるコンテは熟成期間が最長で24ヶ月までが一般的で、30ヶ月まで熟成させているものというのは市場にあまり出回っていないと思います。同じチーズをスティック状にカットしたものと細かく刻んだもので、味わいの違いを楽しんでもらうようにしました。スティック状のほうは、熟成が進んでアミノ酸が結晶化し、断面に白い粒々が見えるほどになっています。強い『出汁感』があって、シャリシャリした食感とともに、まるでカツオ節を食べているような味わいです。細かくしたほうは口の中に入れると、とろけてきてまろやかな味わいを楽しめます」(杉浦さん)

なるほど、確かにカツオ節の香りさえするような気がします。これに合わせる日本酒は、古酒ですか。

「コンテはフランスのジュラ地方のチーズで、同じ産地のヴァン・ジョーヌというわざと酸化熟成させた黄色いワインと相性が抜群なんです。それと同じようなニュアンスで、酸化熟成させて少し黄色がかった日本酒の古酒を合わせてみます。これはウチではよくやっている組み合わせで、間違いなく合います。ヴァン・ジョーヌと日本酒の古酒は味わいがとても似ているんです。ご自宅で楽しむにしても、ヴァン・ジョーヌはどれも1本1万円近くしますが、日本酒の古酒なら高いものは高いけれど、2千円以下でも買えて手軽に楽しめます。これは古酒のなかでも、特徴のある生酛造りの『大七 純米古酒 不倒翁』。このボトルは醸造から10年たっています」
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3