子供の頃苦手だったアレをつまみに飲んでみたら楽しかった。

鶏皮、砂肝、ネギに貝…。子供の頃は苦手だったのに、酒飲みになって好きになった食べ物を持ち寄って飲み会を開いてみました!

ライター:泡☆盛子泡☆盛子
メインビジュアル:子供の頃苦手だったアレをつまみに飲んでみたら楽しかった。
家飲み派の皆さまなら一つ二つのお心当たりがあるのではないでしょうか。「子供の頃は苦手だったのに、酒飲みになってから好きになった食べ物」。そんな食べ物を持ち寄って飲み会をしてみました。

あんなに食べられなかったのが嘘みたい!?

今回は酒飲み仲間に声をかけて、前述の条件にあてはまるものを持ち寄ってもらいました。
そのうちの1人の素敵なお宅をお借りして、「苦手克服飲み会」がスタート!

【参加者&苦手だったもの】

Aさん・・・ニンジン、鶏皮
鶏皮、ニンジン イラスト
「ニンジンはとにかく匂いがイヤでした。青臭いというか。鶏皮はぐにゃぐにゃっとした食感がダメでしたね。学生時代に合宿の食事に出てきた時は『全員食べ終わらないと席を立てない』というルールだったのですがどうしても食べられなくて、こっそり床に落としたという黒歴史もあります。辛かった……」


Bさん・・・ネギ
ネギ イラスト
「関西なので食卓に上がるのは主に青ネギやったけど、お鍋に入っている白ネギもあかんかったなぁ。中からどろっとした熱いのが出るでしょう。あれがもうイヤで。青ネギは草みたいな匂いやん!って思ってましたねぇ」


Cさん・Dさん
今回の条件にあてはまる食べ物はなかったのですが、飲み会に参加してくれています。 Cさんが苦手だったものは「お雑煮」というか汁物に入ったお餅だそうで、それは今も変わらないとのこと。どっちにしても酒のつまみにはなりにくそうですね。 Dさんは一切好き嫌いがなかったとのこと。「母にも聞いてみたけど『酒の肴でもなんでもニコニコ食べてたわよ』だそうです(笑)」素晴らしい〜。


泡/筆者・・・貝、砂肝 
貝、砂肝
貝は独特の砂くささみたいなのが気になって、味噌汁で出てくるとゴーーンとテンションが下がりました。砂肝は一時父がハマったようでよく食卓に上がっていたのですが、コリコリコリと固くて塩味のものってまったくご飯に合わないから、「なんで大人はこんなものを喜んで食べているのか」と疑問でした。


あれから幾星霜。少年少女だった我らも無事立派な酒飲みに。
気づけばあんなに苦手だったもので美味しくお酒を飲めるようになりました!

続いては「今はどうやって食べるのが好きか」をご紹介します。
  • 1現在のページ
  • 2