【マウントレーニア】25周年記念|マイスターズラテ抽選で50,000名様にプレゼント|ご参加ありがとうございました。終了しました

世界を魅了するウイスキー「カバラン」(KAVALAN)って何?

「カバラン」を知っていますか? ウイスキー界のニューウェーブにして早くも巨人の風格。世界で絶大な評価を獲得している台湾発のプレミアムウイスキーです。

ライター:まるまる
メインビジュアル:世界を魅了するウイスキー「カバラン」(KAVALAN)って何?

What’s KAVALAN? バーンズ・ナイトの衝撃


「ああ、なんということだ」

2010年1月、スコットランドのエディンバラで開催された、ウイスキーのブラインドテイスティングイベントで、ウイスキー評論家のチャールズ・マクリーン氏は予期しなかった結果に天を仰いだといいます。

このイベントは、近年の世界的なウイスキーブームに乗り、イングランドでもおよそ100年ぶりにウイスキー蒸留所が次々と創業したことを受けて、イングランド産とスコッチを比べてみようと、バーンズ・ナイト(スコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズの誕生日)の催しとしてイングランドの新聞社が開催したもの。

「スコッチと並べても、イングリッシュウイスキーだってなかなかやるじゃないの」という予定調和が期待されたに違いありません。ところがそのブラインドテイスティングで他を引き離して圧勝してしまったのは、イングランド産でもスコッチでもなく、ゲスト的に参加していた見慣れないウイスキー、メイド・イン・台湾のカバラン(KAVALAN)だったのです。

マクリーン氏が「熱帯果実、熱帯果実のジャム」と評した独特のアロマをまとうカバランとは何なのか? ウイスキー界に驚愕をもたらしたこの極東産の魅力あふれるブランドに、一気に注目が集まりました。

カバラン蒸留所があるのは台湾東北部の宜蘭(ぎらん)県。台湾が2002年に世界貿易機関(WTO)に加盟したことを機に、台湾の飲料大手「金車グループ」がウイスキーへの参入を決め、スコットランドなどから専門家を招聘、2005年に麦芽粉砕から発酵、蒸留、熟成までの全工程を行う蒸留所を完成。ウイスキーは寒冷地の酒、という常識を根底から覆し、温暖湿潤な気候により早期に熟成が進むという利点を生かした製造工程を確立しました。そして、2008年には初出荷を果たします。
 
カバラン蒸留所

その後カバラン蒸留所は、短い熟成期間を生かし、世界中から樽を集め、多彩な樽を駆使した魅力的なシングルモルトを次々と世に出していきます。定番のバーボンカスクやシェリーカスクはもとより、ワイン、ブランデー、ポート、ラム。同じシェリーでも、オロロソ、フィノ、アモンティリャード、マンサニージャ、モスカテルなど、華やかな錦絵のように樽のバリエーションが広がっていきます。

それら多様な樽のなかでの数年を経た熟成モルトは、ヴァッティングされて複雑で蠱惑的なアロマを持つ個性的なシングルモルト「カバランシリーズ」となる一方で、シングルカスクで、樽のナンバーはもちろんボトルの1本1本にまでシリアルナンバーが刻印されている「カバラン ソリストシリーズ」として世に出され、またたく間にウイスキーファンの心をつかんでいきました。


 

国際コンペティションを総なめにするカバラン

あっという間に世界のプレミアムウイスキーの仲間入りを果たしたカバランは、2010年代を通して、IWSC、SWSC、ISC、WWAなど、ウイスキーの国際コンペティションで非常に高い評価を受けるようになります。

 
ウイスキーの国際コンペティションで非常に高い評価を受けるカバラン


ここ最近2年くらいの主要国際コンペティションに限って、その一部をご紹介すると・・・

 
IWSC(インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション)
【2017】
◆ワールドワイド・ウイスキー・トロフィー
カバラン ソリスト バーボンカスク カスクストレングス

◆ワールドワイド・ウイスキー・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー
カバラン蒸留所

◆ディスティラー・オブ・ザ・イヤー・トロフィー
カバラン蒸留所
 
SWSC(サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション)
【2018】
◆ベスト・アザー・シングルモルト・ウイスキー
カバラン キング カー コンダクター

◆ダブルゴールド
カバラン ソリスト オロロソ シェリー シングルカスクストレングス
カバラン ソリスト フィノ シェリー シングルカスクストレングス
カバラン ソリスト ヴィーニョ シングルカスクストレングス
カバラン ポディウム
カバラン 蒸留所限定品 ピーティー カスク シングルカスクストレングス
カバラン 蒸留所限定品 ラム カスク シングルカスクストレングス
カバラン ソリスト アモンティリャード シェリー シングルカスクストレングス
カバラン ソリスト マンサニージャ シェリー シングルカスクストレングス

【2017】
◆ダブルゴールド
カバラン ソリスト オロロソ シェリー シングルカスクストレングス
カバラン ソリスト ヴィーニョ シングルカスクストレングス

 
ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)
【2018】
◆ワールド・ウイスキー・ゴールド
カバラン ポディウム
カバラン キング カー コンダクター

【2017】
◆ワールド・ウイスキー・トロフィー
カバラン ソリスト バーボンカスク カスクストレングス(2年連続)

◆ワールド・ウイスキー・ゴールド
カバラン 蒸留所限定品 ラム カスク シングルカスクストレングス
カバラン エクスバーボンオーク
カバラン ポディウム
カバラン ソリスト バーボンカスク カスクストレングス

 
WWA(ワールド・ウイスキー・アワード)
【2018】
◆Hall of Fame(殿堂)入り
金車グループ ティエンツァイ・リー会長、ユーティン・リー最高経営責任者(CEO)

【2016】
◆ワールド・ベスト・シングルカスク シングルモルトウイスキー
カバラン ソリスト アモンティリャード シェリー シングルカスクストレングス

【2015】
◆ワールド・ベスト・シングルシングルモルトウイスキー
カバラン ソリスト ヴィーニョ シングルカスクストレングス


上記の各品評会でもさらに数多くの賞を受賞しているほか、他の品評会も加えるとご紹介しきれないぐらいの賞を毎年のように得ているカバラン。ウイスキー界に新風を巻き起こすチャレンジャー、ニューウェーブの旗手でありながら、すでに巨人としての風格さえ備えている、孤高の存在なのです。

初出荷から10年となる今年9月、カバランとしては初めて、品質はそのまま、ハイボールなどでカジュアルに楽しめる価格を実現した「ディスティラリーセレクト」を発売。その柔らかくコクのある口当たり、クリーミーでタフィー、バニラ、トロピカルフルーツの香りが広まるこのシングルモルトウイスキーは、現在、日本国内で非常に高い評価を獲得しています。


 
カバラン蒸留所に独自取材を慣行

イエノミスタイル編集部はこのたび、このカバラン蒸留所に独自取材を敢行。その神秘のベールにつつまれた蒸留所の姿(といっても普通に一般公開して、観光名所にもなっています!)を、これから数回のシリーズで皆さまにお伝えしてまいります。どうぞご期待ください。


関連サイト

カバラン公式サイト(日本語版があります)
http://www.kavalanwhisky.com/jp/age.aspx

リードオフジャパン株式会社
http://www.lead-off-japan.co.jp/


記事の情報は2018年11月5日現在のものです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

サラダスムージーでマルチな「腸活」みんなの腸活レポート大公開!詳しくはこちら