花見で火を使わず温かいお酒が飲める魔法の“袋”があった!《イエノミ歳時記⑮》

「携帯おかん器」を知っていますか? 桜の樹の下で簡単にお燗をつけられる、飲兵衛にはたまらない魔法の道具なんです!

ライター:泡☆盛子泡☆盛子
メインビジュアル:花見で火を使わず温かいお酒が飲める魔法の“袋”があった!《イエノミ歳時記⑮》
ようやく寒さが緩みだし、早咲きの桜がちらほらと咲き始めましたね。いよいよ、我ら酒飲みが愛する花見シーズンの開幕です。家飲み派もこぞって桜の樹の下へ向かうべし!
桜
さて、このたび、花見のときに沸き起こる「やっぱり温かいお酒が飲みたい」と「でも荷物は少なくしたい」という相反する気持ちをスッキリ解決してくれる魔法のような道具を発見いたしました! 本当に素晴らしかったので、ぜひ家飲み仲間の皆様にお伝えさせてくださいませ。

その道具とはこちら。
携帯おかん器
「携帯おかん器」です!

加熱用袋の中に同封の発熱剤を入れて少量の水を注ぐと化学反応でお湯が沸き、約20分間加熱ができるという優れもの。防災備蓄用としても知られているようです。私はネットで購入したのですが、1回分216円でした。
おかん器セット
こんな風にセットします。発熱剤が入っていた袋の中に水量を示す印がプリントされているので簡単にセットできますよ。必要な水の量は加熱用袋の底からわずか2~3cmほど。「これで足りるの?」と心配になりましたが、もちろんまったく問題ありませんでした。火を使わず、手のひらサイズの袋だけで加熱ができるなんて便利すぎっ。

カップ酒やホット用缶ドリンクはもちろん、缶詰やレトルト食品も対応できるとのことで、今回は携帯おかん器を使って花見の練習〜。桜はまだないけど脳内で補完します!

携帯おかん器で温めてみたもの
・王道! カップ酒&缶詰
・ホットワイン&ホットウイスキー
・チーズフォンデュに挑戦
・締めはカレー!
不思議なセッティング
こんな感じのちょっと不思議なセッティングでお届けします。
 

王道! カップ酒&缶詰

王道! カップ酒&缶詰
なにはなくともまずは燗酒! 加熱用袋に水をセットし、すかさずカップ酒を入れます(忘れず、先に蓋を外しておきましょう)。
カップ酒の底が発熱剤につくやいなや、シュワシュワシュワ〜〜〜っという音と共に湯気が景気よく立ち上がります。ちょっとひるんでしまうほど勢いがいい! これはすごい!
 
缶詰をのせてみた
「立ち上がる湯気でも温められるのでは?」ということで、缶詰をのせてみました。

約10分後。
燗酒完成
燗酒ができました!

カップ酒の上の方を持てば熱さは大丈夫。ひと口飲んでみると、ちゃんとあったかい! ぬる燗〜上燗といったところでしょうか。充分な温度です。携帯おかん器、やるな〜。袋から燗酒が出てくるというシーンがなんともシュールでテンションが上がります。

加熱用袋の中はまだ温かいので、上で温めていた焼き鳥缶や大きめの缶詰を入れて余熱でがんばってもらうことに。写真を撮り損ねていましたが、焼き鳥缶の方は「まぁ、温かいかな」という程度の仕上がり。大きめサイズのどて焼きは残念ながら余熱では温まりませんでした。
大きめサイズのどて焼きは残念ながら余熱では温まりませんでした
脂が固まったまま…。

これあるを期して持参していた「アイラップ」(湯煎や電子レンジ加熱に使えるポリ袋)にご登場願い、缶詰の中身を移し替えて温め、無事を得ました。
「アイラップ」に入れて温めなおす
ぷるっぷるのとろっとろ〜。友人が買ってきてくれたこの缶詰、おいしかったな〜。
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!