2018.01.02
850 view

お正月。おめでたい日本酒を一挙ご紹介。

日本酒と発酵フレンチのお店「SAKE Scene〼福」を経営する簗塲友何里(やなば ゆかり)さんのお酒コラム。今回は、数ある日本酒銘柄から新春にふさわしい、読んでめでたい、飲んでおいしい、縁起の良い名前のお酒を一挙ご紹介いただきます。

幸福がたくさん舞い込みますように

みなさま、あけましておめでとうございます。今年は、どんな日本酒で新年を迎えられましたか?今回は、新年を迎えまして、縁起の良い名前のおすすめ日本酒をご紹介します。まずは、読むからに縁起の良くなる名前のお酒。

 

福祝(ふくいわい) 藤平酒造

千葉県の原料処理にこだわった造りをしている蔵です。名水100選に選出された湧き水で造られた日本酒は、口当たり優しく、お米の味わいが広がるふくらみのあるお酒です。

 

一生幸福(いっしょうこうふく) 鈴木酒造店長井蔵                   

まさに縁起の良い、地に足がついた味わい。地元よりの地酒です。2011年、3.11の震災で、福島県浪江町にあった蔵は崩壊してしまいましたが、山形県長井市の蔵を引き継ぎ、酒造り

 

十旭日(じゅうじあさひ)旭日酒造

島根県出雲市の蔵です。私が経営するお燗酒おしの日本酒専門店SAKE Scene 〼福でも、たくさんのお客様に愛されている日本酒です。軟水の中でも硬度が比較的高い、塩味のあるミネラル感のある水で造られています。 酸味を大事して米感もしっかりした日本酒です。熟成しても、お燗しても、味わいが崩れることなく、味乗りして行く素晴らしい日本酒です。

 

開運(かいうん)土井酒造場

静岡県掛川市の蔵のお酒はその名も「開運」です。地元の発展を願って付けられた縁起の良い酒名です。能登杜氏四天王の波瀬正吉杜氏が40年杜氏を務められました。原料米は、誉富士という地元静岡県の酒米。新酒はとてもみずみずしく、その中に甘味ときりっと引き締める爽やかさがとても心地良い味わいです。

おめでたさの象徴、鶴と亀

鶴は千年、亀は万年。長寿と幸せのシンボル、鶴と亀がつく銘柄もたくさんあります。

 

神亀(しんかめ) 神亀酒造

埼玉県の全量純米酒の蔵です。お料理と合わせてゆるゆる飲める食中酒の代表的存在。タンクから瓶に移してから熟成をします。お正月なら、こたつ、ミカン、おせち、神亀のお燗でたっぷりリラックスし、元気に新春のスタートを切れそうです。

 

 

信州亀齢(きれい) 岡崎酒造

長野県上田市の蔵で、信州を代表する美山錦やひとごこちという米を使い、アルプスからの伏流水で仕込んだお酒。きれいな味わいです。女性杜氏が精魂込めて醸す、旨味と甘味のバランスが取れた日本酒です。大吟醸は、金のスタイリッシュな亀のラベルもあります。

 

 

小笹屋竹鶴(たけつる) 竹鶴酒造

広島県竹原市の蔵で、NHKの朝ドラ、マッサンの竹鶴政孝さんの生家の酒蔵です。完全発酵を目標に、米のポテンシャルを最大限に生かす造りをしています。味わいも濃く、ぬる燗から熱燗がおすすめです。

 

 

ちなみに、「鶴」は日本酒の銘柄に含まれる漢字の中では超人気で、200以上の銘柄に使われています(第一位は「山」です)。

縁起の良い一年をお過ごしください

まだまだ縁起の良い漢字の銘柄は、たくさんあるかと思います。ぜひ酒屋さんで見つけて、おめでたい日本酒家飲みをお楽しみ下さい。

 

昨年の夏から始まったこの日本酒コラム、今年は、さらに日本酒の素晴らしさを伝え、皆さまにもっと日本酒を愛していただけるよう、がんばりたいと思います。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

※記事の情報は2018年1月2日時点のものです。

簗場友何里

簗場友何里

やなば ゆかり 日本酒専門店SAKE Scene 〼福 代表 東京で日本酒と発酵フレンチのマリアージュの店を経営。発酵フレンチとは、酒粕や味噌や醤油といった発酵食品をソースに使ったフレンチ。アミノ酸が多く含まれ、日本酒との相性が良くなります。 外資系メーカーから転身し、小規模蔵元の日本酒、燗酒の魅力を世界へ広める事業を開始。ポジティブ、好奇心旺盛、思い立ったら吉日を胸に即実行!趣味は歌舞伎鑑賞。 国際酒師 SSA認定 Certified Sake Sommelier , Introductory sake professional講師

WSET Level 3 award in SAKE
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート

この記事を書いた人の最近の記事

すべての記事を見る

Weekly Access Ranking

週間アクセスランキング