《まとめ》 動画で訪ねる日本酒蔵元 -銘酒蔵元探訪記-

気温もぐっと下がり、寒くなってくると、俄然日本酒が恋しくなりますね。みなさん、日本酒家飲みしてますか?「銘酒 蔵元探訪記」は、イエノミスタイルおすすめの蔵元を訪ねるオリジナル動画番組。回を重ねて、新潟、山形、福岡、岐阜と、4つの日本酒の蔵を巡ってまいりました。この機会にぜひ、まとめてご覧ください。おすすめの日本酒も買えますよ!

メインビジュアル:《まとめ》 動画で訪ねる日本酒蔵元 -銘酒蔵元探訪記-

【頚城酒造】新潟県 上越市

【頚城酒造】新潟県 上越市
いわずと知れた淡麗辛口の日本酒王国、新潟県。すばらしい蔵元がたくさんある中、訪ねたのは上越市柿崎の蔵元、頚城酒造さんです。
上越市柿崎の蔵元、頚城酒造さん
日本海に面し、三方を山に囲まれた柿崎は、地元の人が「何もないけど何でもある」という土地柄。海の幸、山の幸、畑の幸とうまいものがてんこ盛りの上、名水に恵まれて、良い酒ができるのです。この豊かな柿崎という土地にこだわる若い蔵元。そして彼に率いられた蔵人たちのチームワークには眼をみはるものがありました。今年秋には、酒造りを率いた大ベテラン、山田杜氏が引退して新しい杜氏が誕生したそうです。これからどんな旨い酒を作ってくれるのか、イエノミスタイルも期待して見守っていきたいと思います。
◯番組はこちら
関連記事

【寿虎屋酒造】山形県 山形市

【寿虎屋酒造】山形県 山形市
山形県も、酒処として有名な土地。蔵王山系からの伏流水で醸された日本酒はやわらかく、格別な味わいです。
300年の歴史を持つ寿虎酒造さん
ここに訪ねたのは300年の歴史を持つ寿虎酒造さん。
山形県内の日本酒蔵元は、仲が良いので有名だそうです。みんなで助け合いながら酒造りを続けるうち、ついに「地理的表示 山形」の取得に成功。その中心的役割を果たした蔵元のひとつが、この寿虎屋酒造さんです。厳しい審査に合格した山形県産原料100%の日本酒のみが産地として「山形」を名乗ることが許されます。近代的な設備と職人の感覚が作り出す酒は、あくまで柔らかく、芳醇でした。
番組はこちら

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!