5℃ごとに違う日本酒の名前と味わい、知ってますか?

日本酒とフレンチのお店「SAKE Scene〼福」を経営する日本酒ラヴァー、簗塲友何里(やなば ゆかり)さん。家で飲む日本酒の魅力と楽しみ方を、ゆるりと綴っていただきます。今回は、日本酒の温度と味わいについて。

ライター:簗場友何里簗場友何里
メインビジュアル:5℃ごとに違う日本酒の名前と味わい、知ってますか?

これが日本酒ワールド。温度違いによって10種類もの呼び方が!

みなさん、日本酒、飲まれてますか?日本酒は世界的に見ても独特のお酒、知っているようで実は知られていない日本酒の魅力をゆったり、お伝えしていきたいと思います。
今回のテーマはお酒の「温度」。温度飲むの変化により様々な味を楽しめちゃうのが、日本酒の醍醐味のひとつです。世界で唯一、温めることで良さを引き出し、香りや味わいが変化するお酒が日本酒なんです。

日本酒には温度の違いでなんと、10種類もの呼び方があります。日本人のセンスの良さが発揮された、どれも素敵な呼び方です。
温度の低いほうから…

雪冷え 5℃
花冷え 10℃
涼冷え 15℃
冷や (常温)  20℃
日向(ひなた)燗 30℃
人肌燗 35℃
ぬる燗 40℃
上燗 45℃
熱燗 50℃
飛び切り燗 55℃

5℃の雪冷え、55℃の飛び切り燗

では、それぞれの味わいはいったいどうなの?気になりますね?まずは一番冷たい温度と熱い温度で比べてみましょう!

まずは雪冷え、5℃! 日本酒を氷水で冷やし、5℃の雪冷えにした状態は、最初に苦味が来つつも、スッとお酒が口の中に入ってきたあと、口の中で温度が上がるにつれて旨味、甘味が現れて来て、その後きれいに消えて行きます。

では、逆に飛び切り燗の55℃では? 80度のお湯で湯煎して飛び切り燗にしてみました。すると同じお酒とは思えない香りと味わい! 酸味がまず来て、旨味が追いかけてきます。その穏やかで、少々おとなしくなった感じが、燗酒でよく言われる「香りと味が飛んだ」という表現どおり。これはこれでおいしい。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!