【マウントレーニア】25周年記念|マイスターズラテ抽選で50,000名様にプレゼント|ご参加ありがとうございました。終了しました

様々な酒器で日本酒を愉しみましょう

日本酒と発酵フレンチのお店「SAKE Scene〼福」を経営する簗塲友何里(やなば ゆかり)さんのお酒コラム。今回は、日本酒の愉しみを広げてくれる様々な酒器たちのお話です。

ライター:簗場友何里簗場友何里
メインビジュアル:様々な酒器で日本酒を愉しみましょう

酒器の愉しみ

日本酒の醍醐味の一つに、酒器を楽しむということがあります。お酒を飲むためには、平盃、お猪口、ぐい飲み、枡…… 最近では、ワイングラスで楽しむこともありますね。お酒を入れるのには、徳利、片口などなど。
日本酒は味も香りも様々で、温度帯も冷たいロックから、熱い飛び切り燗まであり、それらを同じ酒器で飲むなんてもったいない! 人間は味にとても敏感に反応できる素晴らしい能力があり、同じ飲み物でも器によって様々な味や香りの違いを感じることができます。

昔の酒器は?

まずは、日本酒の酒器の歴史について見てみましょう。昔は、日本酒を飲む席は社交の場であり、注ぎつ、注がれつのコミュニケーションが重要視されていました。そのやりとりの回数は多い方がコミュニケーションが進みます。そのためお猪口は小さめ。一気にクイッと飲める飲みきりサイズでした。骨董品のお猪口はたいてい、現在のものより小さめですね。前回もコラムでお話したように、お米は食用が主で、日本酒にして飲むのは神事や上層階級がほとんど。庶民的になったのは江戸時代くらいからです。そこで庶民は茶碗に日本酒を注いで呑んでいる時代もありました。そこから派生したのがぐい吞みです。ぐい吞みがお猪口よりサイズが大きいのはそこから来ています。下の写真、左が現代のぐい呑、右が骨董品のお猪口です。
左が現代のぐい呑、右が骨董品のお猪口
左が現代のぐい呑、右が骨董品のお猪口
また、お膳でご飯を食べていた時代には、小さいお猪口を取ったり置いたりするのが転げやすくて不便。フォーマルな場面では器に台を用いることも多いことから、お猪口を置く盃台というものもありました。
さて、様々な酒器がある中で、何も選んだらよいのか…… シーンや飲むお酒の温度帯で変えてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

サラダスムージーでマルチな「腸活」みんなの腸活レポート大公開!詳しくはこちら