イタリア最高級ワイン「バローロ」と最高のマリアージュを生み出す食材とは?

イタリア留学経験もあり、イタリア語講師として多数の著作がある京藤好男さん。イタリアの食文化にも造詣が深い京藤さんが在住していたヴェネツィアをはじめイタリアの美味しいものや家飲み事情について綴る連載コラム。今回は、バローロと白トリュフの魅惑の相性についてアツく語ります。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:イタリア最高級ワイン「バローロ」と最高のマリアージュを生み出す食材とは?

ピエモンテで知ったバローロを生み出すブドウ「ネッビオーロ」の底力

イタリアで”Il re dei vini, il vino dei re”「ワインのなかの王, 王たちのワイン」と呼ばれる、最高級赤ワイン「バローロ(Barolo)」。そのリゼルヴァ(長期熟成タイプ)の2011年ものが、ピエモンテ州在住の友人から届いた。ピエモンテの南、ランゲ地方の小村サント・ステファノ・ベルボで、”La Bella Estate(ラ・ベッラ・エスターテ)”という名のアグリトゥーリズモ(農家滞在型観光宿)を営むジャンパオロ・ミラーノさんからだ。

サント・ステファノ・ベルボは、戦後イタリア文学を代表する作家チェーザレ・パヴェーゼ(Cesare Pavese1908-1950)を輩出した村としても知られている。私は大学時代にこの作家の作品に魅かれ、再三この村にも足を運んだ。今では、この村に残る生家を拠点とする「国際パヴェーゼ学会」の会員に認定していただき、地元の人々とも親しくさせてもらっている。ジャンパオロさんとは、その活動が縁で知り合い、この村を訪ねればいつも彼の宿に泊めてもらう間柄になっている。

2011年は東日本大震災の影響で、私がイタリア行きの予定をキャンセルした年だった。それと同時に、私に長女が誕生した年でもあり、何かと思い出深い当時のことをジャンパオロさんは覚えていてくれたのだ。

「いろんな思いが詰まった年だね。君にも、僕にも。ワインは熟成した」

カードにはそう書き添えられていた。バローロは言うまでもなく、国の格付け最高ランク「D.O.C.G.」に認定されたイタリアを代表するワイン。その規定によれば、リゼルヴァの場合「最低熟成期間62カ月」、つまり5年を超える熟成が必要である。2011年のバローロ・リゼルヴァは、すなわち2017年に初めて世に出されるわけで、そのほやほやの1本を、忘れずに私に贈ってくれたのだ。そのやさしさに感謝しつつ、ボトルを眺めていると、ピエモンテの思い出が記憶によみがえってきた。

「ネッビーロはこの土地すべてを吸い込んでいる。ネッビオーロはテロワールそのものだ」

10月末の雨上がりの午後、ランゲの丘に広がるブドウ畑を散歩しながら、ジャンパオロさんがそう切り出した。ネッビオーロ(Nebbiolo)とはブドウの品種名で、そこからバローロが生まれる。バローロとは地名であるが、その土着品種であるネッビオーロを100パーセント使用して熟成されるのが銘酒「バローロ」である。ネッビオーロの収穫は遅い。10月末でもまだ完熟を待っていた。11月に収穫が及ぶこともざらである。晩秋ともなればピエモンテは深い霧に包まれる。ネッビオーロという名は、その霧を表す”Nebbia(ネッビア)”に由来するともいわれる。

「ネッビオーロはピエモンテ土着のブドウの中でも、最も根が長い品種なんだよ。地下7メートル以上にも根を伸ばす。その深みから、様々な地層を経て、その土地の個性のすべてを吸い上げるというわけさ」

言いながら、見晴らしのいい丘の頂上までたどり着くと、ジャンパオロさんはモザイクのようなブドウ畑の1つ1つを指差して説明を続けた。

「このランゲには、多様なミクロクリマ(微妙な気候の差)が存在する。見てごらん。日当たりのいい斜面、陰りがちな斜面、深い谷、川へと広がるなだらかな平地、同じ土壌なのに、少しずつ自然条件が異なる。ほら、あの道を1本隔てた向こうの畑は、同じネッビオーロを育てていても、出来るワインの個性はまったく違うよ。そうした違いを味に、敏感に反映するのがネッビオーロの特徴さ」
  • 1現在のページ
  • 2