〈家飲み文化部②〉観れば家飲みしたくなる、家飲みシーンがステキな映画8選

おいしそうな食べ物で観る人の食欲を激しく刺激する画像やテレビ番組・映画を「飯テロ(めしテロ)」と言うそうです。それなら、見る人の飲みたい気持ちを爆発させる「飲みテロ」、なかでも家で飲むシーンに限定した「家飲みテロ」ってあるのでしょうか。イエノミスタイル編集部が厳選してみました。観ればきっと家飲みしたくなる、家飲みシーンがステキな映画をご紹介します。

ライター:まるまる
メインビジュアル:〈家飲み文化部②〉観れば家飲みしたくなる、家飲みシーンがステキな映画8選

1. 「マディソン郡の橋」 家飲みは恋愛の前奏曲


1995年 米 監督:クリント・イーストウッド 出演:メリル・ストリープ、クリント・イーストウッド

映画のなかで男と女が出会って、女が男を家に夕食に招き入れて手料理をふるまったりお酒も飲んだりしたら、必ずといっていいほど恋愛に発展します。妙齢の男女の家飲みは、恋愛へのプレリュードなのです。家族そろってテレビで映画を観ているときにこういう家飲みシーンがはじまったら、10代前半の少年はたいてい落ち着かない気分になったものです。

「マディソン郡の橋」は、世界で五千万部という大ベストセラーの映画版。アメリカ中西部、アイオワ州の農村を舞台にした、主婦フランチェスカ(メリル・ストリープ)と写真家のロバート(クリント・イーストウッド)との出会いと別れの物語です。土地に縛りつけられたように暮らすフランチェスカと、太平洋岸のワシントン州からやってきて旅から旅の生活を送るロバートが、夫と子供たちが旅行中のフランチェスカの家で数日間を過ごします。

二人が出会った日の最初の「飲みもの」は、屋根付き橋のたもとで、フランチェスカがロバートに勧められて飲むセブンアップ。次はフランチェスカが家でふるまうアイスティー。二人は夕方になってロバートの車からビールをとってきて簡単なディナーを食べ、夜更けにはブランデーグラスを手に語りあいます。年齢を重ねた二人がぎこちなく会話したり料理したりしながら、お酒の勢いもあって少しずつ親密になっていく様子には、息苦しくなるようなときめきを覚えてしまいます。

ロバートのピックアップにたくさん積んである、白いラベルに赤い「R」の文字が描かれた瓶ビールは、ワシントン州の地ビール「レイニア」。これをロバートは瓶から直接飲み、フランチェスカはいかにも田舎っぽいヘンなグラスに注いで飲みます。このへんの細部からもそれぞれの暮らしぶりや、二人の間の埋めることのできない距離が伝わってきて、胸を打ちます。

2. 「月の輝く夜に」 シャンパンに角砂糖


1987年 米 監督:ノーマン・ジェイソン 出演:シェール、ニコラス・ケイジ

歌手のシェールが女優としても頂点を極めることになった映画(アカデミー主演女優賞)。家飲みが恋愛への入り口というのはこの映画でも同じなのですが、このロマンチック・コメディの家飲みシーンは、かなり風変わりです。

ニューヨークで両親、叔父叔母、祖父というイタリア系大家族と暮らすロレッタ(シェール)。婚約者に「実は弟がいる」と打ち明けられ、一人でその弟、パン職人のロニー(ニコラス・ケイジ)に会いに行きます。ロレッタが婚約を伝えると、ロニーは自分が苦労しているのに呑気に婚約した兄をなじり、パン釜の前で激高します。

ロレッタはこれにひるむどころか逆にお説教を始め、パン屋の二階のロニーの自室に押しかけて勝手に料理開始。自分もムシャムシャ食べながらワインを飲みお説教を継続します。さらに頭に来たからウイスキーをくれと要求し、J&Bをタンブラーにたっぷり注ぎ二人してストレートでグイグイ飲み始めるのです。

映画の冒頭と終わりに登場するシャンパンの「G.H.マム」も印象的です。家族がこれで乾杯するラストシーンでは、シャンパンを注いだグラスに角砂糖がひとつずつ放り込まれます。一説によるとこれで泡がたくさん立つんだとか。この他にも、ロレッタの父親が赤ワインをガブ飲みする場面や、ロレッタのスパゲッティの食べ方など、イタリア系アメリカ人の飲んで食べる様子、そして家族のありかたが生き生きと描かれていて、「家飲み視点」で実に楽しい映画です。観終わったら自然と瓶に手が伸びてしまうことうけあいです。

3. 「ゴッドファーザー」 マフィアの男たちの酒


1972年 米 監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ロバート・デュヴァル

「ゴッドファーザー」の制作中にコッポラ監督は、同作よりも半年早く公開され大ヒットした「フレンチ・コネクション」を観にいって、自分が監督してる「ゴッドファーザー」はここまで流行らないだろうな、と思ったそうです。かたや映画史に残るようなカーアクションあり、ジーン・ハックマン演ずる刑事の派手な立ち回りありという大活劇。それにくらべて「ゴッドファーザー」はほとんどのシーンで男たちがすわりこんで話し合ってるだけだから、というのが理由です。

そのひたすら陰鬱な映画が公開後にどう評価されたかはここで言うまでもありません。ただ確かに、監督自身が言うように「ゴッドファーザー」は登場人物が室内で着席しトークしている場面が多い映画です。すわって話すだけでは間が持ちません。で、何をしているかというと、酒を飲んでいるのです。対立組織にいつ殺されるかわからないからレストランやバーとかでなく、飲むのはたいてい家の中。つまり「ゴッドファーザー」とは家飲みシーンの積み重ねだと言うことができます。

末娘コニーの結婚式で客に振る舞われていた飲みものこそ赤ワインでしたが、マフィアの男たちはふだん、もっと強い酒を飲んでいます。縦長のタンブラーになみなみと注いだ茶色の液体。スコッチかブランデーかバーボンか、とにかく蒸留酒らしきものです。ときおり、小さなグラスで透明の酒(アニス酒、グラッパなど)をあおっています。

食べるほうでは、これから宿敵に戦争を挑もうという作戦会議の席で、テーブルを囲んで食べるチャイニーズ・デリが印象的でした。長兄のソニーを演じたジェームズ・カーンの食べる様子を観ているとむしょうにお腹が空いてきます。このときは、大仕事前なのでコークまたはビールらしきものを飲んでいます。

長年ファミリーのトップに君臨し、強い酒を飲んできたヴィトー・コルレオーネ(マーロン・ブランド)も、年をとり次第に身体が弱ってきます。三男のマイケル(アル・パチーノ)に後のことを託すため二人静かに話す場面で、自宅菜園のテーブルに乗っているのは赤ワインが注がれたワイングラス。ヴィトーは「いまはワインがうまい」とつぶやき、マイケルは「それはいいことだよ」と父をいたわります。ファミリーの歴史は、家飲みしながら受け継がれていくのです。
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3